軍手で猫の玩具を手作り!

軍手で猫の玩具を手作り!

我が家の4匹の猫たちには、いろいろな玩具を与えています。買ってきて最初のうちは直ぐに飛びついたりするのですが、そのうち飽きてしまうのかあまり遊ばなくなってしまった玩具がたくさんあります。そこで簡単に自宅にある物で猫が好きそうな玩具を作ってみました。

342view

猫たちに作った物

いらなくなった軍手でボールを数個作りました。我が家の猫たちはボールの玩具が大好きなのですが、買ってきた物は最初は一生懸命にそれぞれ遊んでいます。

ただ、いつの間にかそれぞれ見向きもしなくなっきて、部屋の片隅にちょこんと置き去りにされているのが日常です。それでも時々新しい物を買ってくるのですが、それも同じような末路を辿ってしまうこの頃です。

そこで、家にある物で簡単に玩具を作ろうと思い、いらなくなった軍手で小さなボールを作ってみました。これなら費用もかからずに、飽きても気になりません。

軍手ボールの材料

材料が写っている

1.軍手 適宜
2.手芸用の綿 以前100均で購入していた物があったので、それも使用しました。
3.糸・針
4.はさみ

軍手ボールの作り方

  1. まず、軍手の指の所をハサミで切り落とします。
    軍手の指の所を切った物が写っている
  2. 切り落としたそれぞれの指に綿を詰める。なるべくたくさん詰めた方が形も整って、猫が遊ぶときに跳ねやすくなります。
    綿を詰めたところが写っている
  3. 糸で先の方を縫い付ける。縫った後糸が出ていると、猫が誤って噛みちぎってしまうこともあるので短く切る。
  4. 手で丸めながら形を整えたら軍手ボールの完成です。
    糸で閉じて完成品が写っている

猫たちに見せてみました。

猫が左手でボールを銜えようとしている

軍手ボールを作っている傍から、邪魔をしていたのですが出来上がったボールを目の前に見せたとたん、即座に喰いつきました。器用に手で転がしたり口に銜えたり、転がしたり楽しそうに遊びだしました。

猫がボールをじっと見て、飛びつこうとしている

我が家には全盲の猫もいますが、その猫も何となくボールの存在が分かったようで(もう1匹の猫がガタガタと音を立てて遊びだしたので分かったようです)上手に転がし始めました。しまいには大好きなダンボールハウスの中に銜えて持って行きました。

猫がボールを銜えてダンボールハウスの中に入っている

まとめ

猫がボールを口に銜えている

猫たちが楽しそうに遊んでいる姿を見ているととても癒されます。しかも手作りの玩具で遊んでくれると作った甲斐があります。

今回のボールは初めて作ったので猫たちにも目新しく、長い時間遊んでいました。時々はボールを口に銜えて私の足元に持って来て、投げて~!とでも言っているように、持ってきます。その姿はとてもとても可愛らしいです。

但し、ボールの形としては、少し小さいので誤って飲み込まないように注意しながら、猫だけで遊ばせるのではなく、一緒に様子を見ながら遊ばせた方が安全です。

スポンサーリンク