猫に好かれる人が無意識に習慣化していること3つ

猫に好かれる人が無意識に習慣化していること3つ

猫ちゃんに好かれやすい人が行なう習慣に共通点があります。ぜひとも猫ちゃんに好かれたい人はまねしてみて下さい。

1603view

猫に好かれたい

此方を見る猫

目がクリクリしていて、ふわふわな毛をもつ猫ちゃんに、好かれたいと思っている人は多いのではないでしょうか。猫ちゃんに好かれる人にはいくつかの共通点があります。基本的には猫ちゃんの嫌われる行動を控えて、好かれる行動を多くするということが大切です。

猫ちゃんに好かれる人は無意識に好かれる習慣をしているのです。今回は猫ちゃんに好かれたくて悩まれている方向けに、知識として取り入れていただければと思います。

1. 規則正しい生活を送る

寝ている猫

猫ちゃんには体内時計があり、それは恐ろしく正確です。決まった時間に飼い主さんの事を起こして、ご飯を食べて毛づくろいをして決まった場所をパトロールしに行きます。猫ちゃんに好かれる習慣とはそんな生活にしっかりと合わせてあげられる飼い主さんの行動だと思われます。

「毎朝早く起こされて困る」といったトラブルの話もありますが、そういった部分にあわせてあげることも大切です。猫ちゃんはいつだって「昨日のような今日」を好む性質があるのです。考え方を変えてみれば、飼い主さんも早起きで健康的な生活を送られるようになるかもしれません。

2. 音と匂いに気を付ける

ヘッドフォンと猫

猫ちゃんは聴覚と嗅覚が敏感です。大きな音を出すような飼い主さんは、猫ちゃんにも避けられてしまうでしょう。静かな生活を心がけることが大切です。例えば、猫ちゃんがうとうとと寝ているようであれば邪魔をせずに静かに寝かせてあげることも、猫ちゃんにとっては嬉しいのです。

猫ちゃんの聴覚が優れているために、本当に熟睡しているのは一日の内にたった4時間といわれています。その他の時間は常に何かの音が入り、うとうととうたた寝しているような状態なのです。

匂いについても同様です。人間にとっては微香でも猫ちゃんにとっては悪臭の領域に入っている可能性があります。こういった部分にも飼い主さんは気遣ってあげましょう。

3. 猫ちゃんと遊ぶ

遊んでいる猫

一日10分でかまいませんので遊んであげましょう。スキンシップは大切です。一人で平気なイメージがありますが、基本的に猫ちゃんはとても遊び好きです。遊んでくれる飼い主さんはやはり好かれやすくなるのです。

まとめ

べガ

猫ちゃんの目線から考えると、好かれる習慣というのはどれも当たり前なことばかりです。飼い主さんとして気遣ってあげると猫ちゃんにとっても快適な生活につながりますので、できることからはじめていきましょう。猫ちゃんも必ず喜んでくれると思われます。

スポンサーリンク