実は脈あり?猫の分かりにくい愛情表現5つ

実は脈あり?猫の分かりにくい愛情表現5つ

猫の行動って、時に本当に不思議なこと、ありますよね?何がしたいの?何して欲しいの??と飼い主さんの頭の中にハテナが飛んでしまうことも、多々あるでしょう。良く分からない猫の行動も、実は愛情表現かもしれません。

696view

1. 家具にスリスリ

スリスリする猫

飼い主さんに甘えたいなら、直接スリスリすればいいのに、なぜか近くの家具などにスリスリする変な愛情表現。

ツンデレな猫ですから、直接的な表現は、恥ずかしい??もちろん、直接バンバンスリスリする猫も、いるのですが…プライドが高めの猫は、ちょっと曲がった愛情表現を、するようです。

2. さりげなく側にいる

猫をなでる女性

何となく気配を感じて振り向くと、猫がいた。ということは、ありませんか?とてもさりげな〜く側にいるのも、猫の分かりにくい愛情表現です。

側にいると安心なのか、それともいつも飼い主さんの気配を感じていたいのか…。ちょっと距離感があるところが、猫らしいですね。

3. 飼い主が来るのをひたすら待つ

待つ猫

自分からは飼い主さんに寄って行かず、ひたすら飼い主さんの方から近づいてくれるのを待つ猫もいます。

しつこく鳴いて、「こっち来て〜!」とアピールすることもあります。自分から飼い主さんに近づくのは、プライドが許さないのかもしれませんね。これも分かりにく〜い、猫の愛情表現の一つです。

4. イタズラ

イタズラする猫

飼い主さんが何かに集中していると、物を落として大きな音を立てたり、何かと邪魔してくる猫、いませんか?

イタズラすることで飼い主さんが猫に関心を寄せてくれるので、やっている行為のようです。猫は飼い主さんの関心が自分に向いていないと、不安になったり不満に思ったりして、どうにかして飼い主さんの関心を自分に向けようと企てます。

以前にイタズラをした時、飼い主さんが反応してくれたのが嬉しかったのかもしれません。それで味をしめて、頻繁にやるようになった可能性もあります。

5. 飼い主と2人だとデレデレ

飼い主に撫でられる猫

他の猫が近くにいる時はツンツンしているのに、飼い主さんと猫だけになるとやたらとデレデレになる場合も。いわゆるツンデレ猫ですね。

我が家にも、います。1匹。他の猫が甘えていると本当は自分も甘えたいのに、プライドや体面が許さない。飼い主さんと2人だけなら、他の猫の目を気にする必要がないので、思う存分甘えられるようです。おもしろかわいい猫の愛情表現ですね。

まとめ

虎(トラ)

猫の行動の意味を全て考えていたらキリがないのですが、猫の正確によってストレートに表現してくる猫と、ご紹介したように分かりにくい猫がいます。

もし愛猫が分かりにくい愛情表現をしてくる部類だったら、その行動の意味を額面通り受け止めず、ちょっとひねって考えてあげると良いでしょう。

そうでないと、猫からの脈ありサインを見逃してしまうことになります。きちんと、猫からの愛情キャッチしてあげてくださいね。

スポンサーリンク