猫の可愛い『八つ当たり行動』5つ

猫の可愛い『八つ当たり行動』5つ

猫の八つ当たり…ちょっとおかしいですが、実は本当に猫は八つ当たりします。八つ当たりすることで感じたストレスを発散しているのです。それが「可愛い」こともあれば、可愛いでは済まなくなる場合も…。

769view

1. 飛びかかる

じゃれる猫

他の猫や飼い主さんに飛びかかることで、八つ当たりをすることがあります。飛びかかられた方は、良い迷惑です。

猫が八つ当たりしたくなるような状況を、作らないことが大切ですね。飛びかかる猫を「可愛い」と言えるかどうか疑問ですが、飛びかかられた方がケガをしないよう、気をつけて行きましょう。

2. 噛む

噛む猫

八つ当たりで噛む場合もあります。猫が本気で噛むと、重傷になってしまうことが多いです。もし猫に八つ当たりで噛まれてしまったら、病院を受診してください。

猫が持つ細菌などに感染し、危険な状態になることもあります。猫に噛まれた場合は軽く見ずにきちんと受診しましょう。

他の猫が噛まれてしまった場合も同様です。早めに動物病院を受診して、必要な治療を受けさせてあげてください。

3. 引っ掻く

引っ掻く猫

八つ当たりで引っ掻くことも。猫の八つ当たりは本気になることがあるので、気をつけなければいけません。

引っ掻き傷から猫が持つ細菌に感染することもゼロではありません。もし八つ当たりで引っかかれてしまったら、噛まれた場合と同様に病院を受診しましょう。

4. 威嚇する

威嚇する猫

八つ当たりで威嚇されることも多々あります。何もしていないのに、とても理不尽です。それだけ猫も、イライラすることがあったのでしょう。

猫がイライラする原因は、結構たくさんあります。環境が変化したり、猫のお世話をしていなかったり、構われすぎるのもイライラの原因です。猫がイライラしないよう、配慮してあげることが大切です。

5. 絡む

絡む猫

何かと絡んで行くのも、八つ当たりでやる行動です。ただそこにいただけなのに、他の猫に向かっていちゃもんをつけることもあるでしょう。

猫はストレスを感じやすい生き物です。人以上に繊細だと考え、猫が八つ当たりしたくなるようなことはしないように気をつけましょう。

まとめ

八つ当たりする猫

猫の八つ当たりは、実は意外と危険なこともあります。理不尽な行動で八つ当たりする猫が悪いと言えば悪いですが、一番気をつけなければいけないのは、八つ当たりしたくなるような環境にしてしまった飼い主さんです。

猫がストレスを感じないように、配慮してあげてください。それが皆が平和に生きるために、大切なことです。

スポンサーリンク