幸運を呼び込む「福猫」その様々なエピソードとは

幸運を呼び込む「福猫」その様々なエピソードとは

多くの幸せを呼び込むといわれている「福猫」。そもそも「福猫」ってどんな猫?「福猫」がいるのは日本だけ?そんな素朴な疑問にお答えします。

6290view

古くから日本で語られる「福猫」とは

カゴからのぞく子猫たち

日本では昔から、猫には不思議な力が備わっていると言われています。「猫がやってきてから良いことが続く」という話も多く、そういった猫たちを「福猫」と呼びます。そんな猫の不思議な力を信じて、猫神社や招き猫などに願いことをする、といった風習もありますね。

とある民話では、貧乏な寺で飼われていた猫が、お返しのためにその寺を栄えさせるという「猫檀家」という話があり、これこそまさに「福猫」といえるでしょう。

黒猫は不吉?実は日本では黒猫こそ「福猫」だった

佇む黒猫

欧米の「黒猫が横切ると不吉」という言い伝えがありますが、その話が日本に入った時代から、黒猫は「不吉なもの」というイメージがついてしまったようです。しかし、日本では黒猫は「福猫」として大切にされていた猫でした。理由としては、『猫は夜でも目が見えるため魔除けや厄除けの効果がある『とされ、なかでもミステリアスな雰囲気の黒猫には、不思議な力があると信じられていたそうです。

その力は厄除けに留まらず、江戸時代には、恋煩いに効果があるとか、黒猫を飼うと結核が治ると信じられていたという説も。新撰組の沖田総司は、結核に倒れたあと、この迷信を信じて黒猫を飼っていたのだそうです。

福猫といえば、招き猫。三毛猫のワケ

右手を上げた招き猫

福を運ぶ猫といえば招き猫をイメージする人も多いでしょう。一般的には、招き猫は三毛猫が多いですが、最近では恋愛成就にはピンク、学力向上にブルーなど、招き猫にもさまざまな色のものがでてきました。では、もともと招き猫が三毛猫だったのは何故なのでしょう。

その理由は、オスの三毛猫は滅多に生まれないということで、希少価値があるため幸運を招く猫として珍重されたから。ちなみに、その確率はなんと三万匹に一匹というから驚きです。

ちなみに、招き猫は右手を上げているのが「商売繁盛」でお金を、左手をあげているのが「千客万来」でお客さんを招くもの。そして両手をあげている場合は、「一挙両得」ですべての福を招くといいます。

タロジロと一緒にいた三毛猫タケシも福猫

犬ぞり

映画「南極物語」でも有名になった南極観測船のタロとジロ。実は、この船にはオスの三毛猫・タケシも乗船していました。保護猫として愛護団体にいた子猫のタケシは、縁起がよい航海安全の守り神「福猫」として、一緒に南極に連れて行かれることになったのです。

天候悪化のため昭和基地に近づけず、小型雪上船に乗ことができなかったために南極に置き去りとなってしまった犬たちでしたが、タケシは体が小さかったため、隊員たちと一緒に小型雪上船にのって帰国することができました。多くの困難にぶつかりながらも、無事に南極観測を成功させることができたのも、タケシの「福猫」効果かもしれません。

現在は、環境保護のため南極に動物を連れてゆくことはできないので、タケシは世界で唯一、南極にいった猫となりました。タケシの物語は、絵本「こねこのタケシ 南極大冒険」として出版されています。写真もたっぷり収録されているので、興味のある方は是非読んでみてください。

海外でも福猫はラッキーを運んでくれる

玄関前に猫

実は、日本だけでなく海外でも「福猫」として大切にされている猫たち。猫が福を呼ぶとされている言い伝えやことわざを、ごく一部ですがご紹介しましょう。

  • 黒猫は海の守り神(イギリス)
  • 玄関に知らぬ黒猫がいたら繁栄のしるし(スコットランド)
  • 結婚祝いに黒猫を贈ると、新婦が幸せになる(イングランド)
  • 黒猫の乗った樽のワインは美味しい(ドイツ)
  • 猫のくしゃみを聞くと良いことが起きる(イタリア)

まだまだいる幸せの「福猫」

オッドアイの猫

見かけるだけで超ラッキー・オッドアイの猫

希少なオスの三毛猫や黒猫以外にも、福を呼ぶと呼ばれている猫の特徴があります。ひとつは左右の瞳の色が違うオッドアイ。日本では「金目銀目」とも呼ばれています。非常に珍しいため、見かけるだけでもラッキーと呼ばれるオッドアイの猫は、その姿の優雅さから「福猫」界のセレブといえそうです。

かぎしっぽの猫は幸せを引っ掛けてくる

かぎしっぽの猫ですが、ヨーロッパなどでは珍しく、まるで釣り針のようなしっぽの先に幸せをひっかけてきてくれると言われています。まさにヨーロッパの「福猫」です。

八の字眉毛の猫

八の字は末広がりで縁起がいいとされていますが、そんな八の字の眉毛をもった猫が「福猫」として活躍している場所があります。ニュースでも取り上げられた、茨城県水戸市のタバコ屋の看板猫・ハチは見事な八の字眉毛。なんとハチが来てから、サマージャンボやグリーンジャンボ、ロト7などが立て続けに当たり、それ以来、ハチの頭をなでにくるお客さんでいっぱいなんだとか。

どんな猫でも「福猫」!

フワフワ絨毯で寝る猫

さまざまな「福猫」をご紹介してきましたが、私たちの毎日を豊かに彩ってくれる猫たちは、どんな猫でも「福猫」です。猫がやってきたことによって広がった人間関係や、癒しの時間、充実した毎日はなににも変えられない素晴らしいものですね。

女性 まるきりはれ

幸運を呼ぶ『福猫』招き猫もそうですが、猫にまつわるお話って、本当に多いですよね〜。
エピソードの数からも、古くからずっと多くの人々に親しまれ、愛されてきた、身近な動物だったのであろう、ネコの人気の高さが伺えます。
それにしても、『福猫』日本だけじゃなく、万国共通なんですね!しかも、道を横切るだけで不吉の象徴とされていた黒猫さんですが、実は日本でも世界中でも、ラッキーが舞い込む、『福猫』説の方が多いと知り、黒猫好きの私にとっては、『黒猫の汚名返上!』ばかりか、むしろ地位がグィ〜ンッと急上昇を遂げたようで、嬉しかったです。何しろ、情が深くて甘えん坊、優しいコが多いので、黒猫さん、大好きです。

我が家では、生後7ヶ月の白黒の男のコと三毛の女のコの兄弟猫を飼っているのですが、華奢な女のコに比べ、食欲旺盛な成長著しい男のコは、この頃では、兄弟なの!?と、目を疑うほどのわがままボディに。もともと、ふっくら猫を希望していた中学1年生の息子にとっては、嬉しくてたまらないらしく、しょっちゅう『なんて福々(フクフク)して可愛いんだ』と、豊満なお腹に、スリスリ頬ずりしています。息子にとっては、ものすごい身近にいる”まる”(白黒の男のコ)こそが『福猫』なんだろうなとおもいます。

そうそう、誰にとってもそうですが、猫さんが身近にいてくれることが、”幸福”なんですね!

20代 女性 まかろん

日本では、福猫や招き猫、黒猫は不吉な猫や猫又・・猫ちゃんにはたくさんの逸話?がありますよね。全部勝手な人間のイメージから来ていますが調べればたくさん出てきますよね。その昔から人と猫が暮らしていて身近な動物だったからなのかもしれませんね。
黒猫を見かけると不吉と小さい頃聞かされなんだなんだ?と疑問に思った事もありました。昔は今とは違いミステリアスな様子から不思議な力があるや、厄除けや恋煩いまで♪
あの沖田総司が黒猫を飼っていたとは初耳でしたので歴史好きからすれば興味がありますね(⌯˃̶᷄ ⁻̫ ˂̶᷄⌯)♡
福猫といえばまず一番に思い浮かぶのが招き猫です。商売をしてるお店に置かれている事も多く昔から馴染みがありますよね。右手と左手をあげているので意味が違う事を知った時は、普段意識した事がなかったけど、そういう意味があったんだなーと思いました。個人的には両手をあげた招き猫を置きますね〜♪
南極物語のタロとジロのお話は有名ですよね〜三毛猫のタケシも一緒に有名になりましたね。三毛猫のオス自体が珍しく、海の安全神としてタケシがいたので様々な困難の中船員たちもタケシの存在には救われたんじゃないかなぁと思います。南極物語については、やはりタケシよりもタロとジロの犬たちの生命力に感動すると思います。
日本だけでなく海外でのことわざや言い伝えなども見ていると楽しいです♪
近年では猫ブームの日本ですから、メディアで紹介され人気になるアイドル猫ちゃんもいますね。ワイモバイルの猫ちゃんもアイドル猫で有名です。

数々の猫に関する逸話を聞くのは楽しいですね♪福猫、、記事にかかれている通り全ての猫が福猫と言えますね♡
人気のキーワード