夜中ずっと元気な猫を寝かせる方法3つ

夜中ずっと元気な猫を寝かせる方法3つ

「飼い猫が夜中になっても眠ってくれない」「夜中になるといつも起こされる」といった悩みを抱えている飼い主さんはいませんか?本記事では、そんな飼い主さんにぜひ試して頂きたい、おすすめの対策方法を紹介していきます!自然と猫が眠ってくれる方法をいくつか紹介していくので、夜行性の猫を飼っている人はぜひ参考にしてみてください。

580view

猫が夜中うるさくて眠れない…そんな時に試してみてほしいこと!

暗闇の中にいる猫

猫はもともと夜行性の生き物であるため「夜中なのに猫が全然寝てくれない」といったことは、猫を飼っていれば”あるある”な光景といえるでしょう。

もちろん、飼い主さんの生活リズムに合わせて、昼行性になっている飼い猫もたくさんいますが、個体差があるので猫によっては夜行性の生活が抜けない子もいます。

活発な猫だと、夜中でもお構いなしにバタバタと走り回ったり、人間を叩き起こすこともあるため、睡眠不足で悩まされている飼い主さんもいるのではないでしょうか。

今回はそんな飼い主さんにぜひ試して頂きたい「猫を寝かしつけるための方法」をいくつか紹介していきます。

1. 昼間や夕方にたくさん猫と遊んであげる

子猫と遊ぶ女性

夜になると活発に動く猫の場合「昼間にたくさん眠って、夜に動き回る」という生活リズムが、染みついている可能性が考えられます。

そんな時は、昼行性の生活リズムになるように、昼間の時間に猫とたくさん遊ぶように意識してみましょう。猫が大好きなおもちゃをいくつか用意し、昼や夕方の時間帯に集中的に遊べば、猫も自然とからだが疲れて夜は眠るようになる可能性が高くなります。

2. 猫が眠りやすい快適な空間を作る

眠る猫

猫が夜中になると起きてしまうのは、もしかしたら室内の環境が良くないといった原因が隠れているのかもしれません。特に夏や冬はエアコンや暖房器具などを使って、室内調整をしないと猫も寝苦しさを感じてしまいやすいです。

また、猫がからだをゆっくり休めることができるスペースを用意してあげることも非常に重要です。猫が気に入っている箱や入れ物、暗くて静かな隙間、ふわふわとしていて寝心地の良いクッションや布団などを夜の時間帯に用意しておけば、猫も喜んで眠ってくれるかもしれません。

3. 体調に異変がある場合は病院へ連れていく

診察を受ける猫

今まで昼行性だったのに、ある時から突然夜中に活発になった場合、猫に何かしらの異変が起きている可能性も考えられます。からだに痛みや違和感を感じているせいで夜中も目が覚めているようであれば、できるだけすみやかに動物病院へ連れていく必要があります。

元気がない、ご飯をあまり食べない、排泄物に異変がある、歩き方がおかしいといった異変がある場合はすぐに医師に診てもらいましょう。からだの異変が解消されれば、以前のように昼行性の生活に戻る可能性も高いです。

まとめ

虎(トラ)

猫が夜中眠ってくれない場合は、猫の立場になって考えてみて自然と眠ってくれる方法を見つけていきましょう。

特に猫の体調に異変がある時は、急を要する事態になっているも可能性も考えられるため、できるだけ早く対策を考えることをおすすめします。

スポンサーリンク