猫に寂しい思いをさせない為に飼い主がするべきこと5つ

猫に寂しい思いをさせない為に飼い主がするべきこと5つ

猫の性格にもよりますが、留守番や飼い主さんが忙しい時など、猫が寂しさを感じるシーンは、あるでしょう。そんな時、どうしたら猫が寂しい思いをしなくても済むのでしょう?チェックして行きましょう。

1909view

1. 一緒の時間を充実させる

猫を撫でる人

猫とず〜っと一緒にいるというのは物理的に不可能でしょうから、せめて一緒にいる時はその時間をできる限り充実させるように心がけてあげましょう。

猫が嫌がらない限りたくさん構ったり、一緒に遊んだりして、猫に愛情をたっぷりと与えると猫が満たされ寂しい思いをせずに済むでしょう。

2. ペットカメラを設置する

スマホを見る猫

ペットカメラを設置すると、外出先でも猫の様子が見れるばかりか、飼い主さんの声やおやつを猫に届けることができます。

もちろんペットカメラの種類によりますが、猫に働きかけができるものを選べば、留守番をしている猫の寂しさを少しは紛らわすことができるでしょう。

猫が今何をしているか飼い主さんも知ることができ、飼い主さんも猫への恋しさを紛らわせます。正に一石二鳥です!

3. 節度を持って接する

猫を抱っこする人

飼い主さんの猫への接し方によっては、飼い主さんがいないと異常に寂しがってしまう「分離不安症」になってしまう可能性があります。

あまりに猫を飼い主さんに依存させてしまうようにすると、猫も飼い主さんも辛くなってしまいます。

猫が分離不安にならないように、節度を持って接するようにしましょう。元々猫は、飼い主さんと適度な距離感を取るのが上手です。その猫の持つ距離感を崩さないように接して行きましょう。

4. ペットシッターなどを頼む

猫にミルクをあげる人

猫を長期間留守番させる、または毎日長い時間留守番させなければならない、こんな状況の時はペットシッターなどを頼んで、猫のお世話をして貰ったり一緒に遊んで貰ったりすると良いでしょう。

短時間でも、猫の寂しさが紛らわせます。極度の人見知りの猫の場合は逆にストレスになってしまう可能性もありますが、そこはプロにお任せすると良いでしょう。

5. 飼い主の匂いが染み付いたものを置く

セーターの上の猫

家の中は既に、飼い主さんの匂いで満たされていると思いますが、特に飼い主さんが身につけていた洋服や使っている毛布など匂いが染み付いたものを置いておくと、良いのではないでしょうか?

その上でゆったり過ごしたり、ぐっすりと寝たりして、猫が飼い主さんを近くに感じることができるでしょう。猫毛がたっぷりと付く可能性はありますが、それで猫の寂しさが紛れるなら、許容範囲ですね!

まとめ

おかみさん

猫はストレスに弱い生き物なので、寂しさを強く感じるとストレスによって体調を崩してしまうことがあります。そうならないよう、できることはして行きましょう。それが飼い主さんの努めです。

スポンサーリンク