100均の靴下を利用して、猫が大好きな猫キッカーを作ってみた!

100均の靴下を利用して、猫が大好きな猫キッカーを作ってみた!

猫キッカーはいくつか持っていますが、暫く使っていると中に入っているまたたびの匂いが薄れてくるようでそのうち飽きて見向きもしなくなります。そこで簡単に安上がりにできる猫キッカーの作り方の説明です。

380view

猫のために作った物

此方を見る猫

大好きな猫キッカーを作りました。猫キッカーは以前から数個持っていましたが、与えて暫くは上手に遊んでいました。その名の通り足でけったり、銜えたりしていました。ただそのうち、中のまたたびの匂いが次第に薄れてくるのかどうかはわかりませんが、もう遊ばなくなっていきます。また購入すればいいのですが、同じように短期間で飽きるようならもったいないので、100均の材料と自宅にある材料で作れないかと思い、簡単に作ってみました。

材料

材料
  • 靴下
  • またたびの粉
  • お茶パック
  • 固いビニール袋
  • 麻糸
  • ガムテープ
  • 針と糸
  • 綿

作り方

1.まず、お茶パックにまたたび粉を入れて、口を折りガムテープで押さえる。

お茶パックにまたたび粉を入れている

2.靴下の半分位まで綿をたくさん詰める。綿が多いと固くなり、猫がキックしやすい。

靴下に綿を入れている

3.お茶パックに入れたまたたびの周りに綿を付けて、靴下の中に入れる。
4.半分くらい綿を詰めたら、ビニール袋を丸めて入れ、更に綿を詰める。ビニールはカサカサと音がするので、猫の興味を引くために入れます。
5.靴下の口を中身が出ないように糸で縫い、その上を麻糸でしっかり縛る。出来上がりです。

上部を麻糸で縛っている

猫に与えてみました

猫が匂いを嗅いでいる

見せて暫くは、何だか分からないように眺めていました。そのうち、今度はクンクンと匂いを嗅ぎだしました。またたびの匂いに気付いたのかもしれません。それだけかと思って見ていたら猫ベッドの中で抱え込んで、しっかり爪をたててキックをしだしました。

舐めている

その後は、口で銜えたり、抱きかかえたり後ろ足でキックしたりの繰り返しです。気に入ってくれたようです。

まとめ

爪をたててキックしている

猫の遊び道具はいろいろあります。ネズミの玩具や猫じゃらし転がすと音がするボールとか我が家にもたくさんあります。ただ、暫く遊んでいるとそのうち飽きてくるのか、ぱったりと見向きをしなくなる玩具もあります。猫キッカーもそのうちの一つでしたが、どうせ飽きてくるならあまりお金をかけずに手作りできた方がベストです。少しの時間で簡単にできるので重宝しています。

スポンサーリンク