飼い主は勘違いしている?実は猫が嫌いなこと5個

飼い主は勘違いしている?実は猫が嫌いなこと5個

可愛い猫と、触れ合いたい…猫の飼い主さんであれば、誰もが望むことでしょう。ですが猫は、実は嫌がっているかも…猫目線で解説して行きます!しっかりチェックして、猫に嫌がられないよう予防しましょう。

2132view

1. お腹もふ

お腹を猫吸いする人

もふもふの猫のお腹を見るとついつい、撫でたり顔を埋めたりしたくなりませんか?もふもふに触れると飼い主さんは幸せを感じますが、猫はそうでもにゃいかも…。

と言うのも、お腹は猫にとっての急所なので、触れられるのを嫌がる場合が多いのです。あまり気にしない猫もいるようですが、猫の様子を見て飼い主さんの自己満足にならないよう注意が必要です。

2. タイミングを見ずに構う

寝ている猫

飼い主さんにその時々で気分があるように、猫にだって気分があります。飼い主さんとイチャイチャしたい時もあれば、1匹でまったりしたい時もあるのです。

毛づくろいや寝ている時、何かに集中している時などはあまり、構わない方が良いでしょう。猫のまったりタイムを邪魔してしまうと、嫌がられてしまうかもしれません。タイミングを見て猫を構うようにしましょう。

3. 来客

少女と猫

可愛い猫を来客に会わせたい!そう思うのは、飼い主さんとして普通の心理です。が、猫はどうでしょうか?

慣れている人なら良いものの、見知らぬ来客には警戒心を抱きます。警戒心が強い猫は、どこかへ隠れてしまうかもしれません。

来客に会わせようとムリヤリ引っ張り出すのは、最悪です。猫を来客に会わせたければ、猫が自分で出てくるのを待ちましょう。

4. 新入り猫

成猫と子猫

猫1匹じゃ可哀想だからと、新入り猫を連れてきてもうまく行かないケースがあります。新しく猫を増やす場合は、気をつけなければいけません。

特に老猫がいる場所に子猫を連れて来るのは避けましょう。活発な子猫に老猫が疲れてしまい、体調を崩してしまう場合もあります。

子猫同士は相性が良いので、できれば猫の年齢が低いウチに多頭飼いをした方が良いようです。

5. 抱っこ

抱っこされる猫

猫が可愛いとどうしても、人流の愛情表現で抱っこしたくなってしまいます。猫によって抱っこ好きな猫とそうでない猫がいます。

実際抱っこしてみると、抱っこ好きかどうか簡単に分かります。抱っこして大人しくじっとしているなら抱っこ好き、体をよじって解放されたがるなら抱っこ嫌いな猫です。

抱っこ嫌いでも、抱っこの仕方や猫の気分によって抱っこできることもありますので、諦めずに色々試してみると良いでしょう。

まとめ

女性に抱っこされる猫

当たり前ですが人と猫とでは感覚が異なります。人が良いと思っても、猫には嫌な場合もあるのです。

猫の反応を見つつ接するようにすると、猫のストレスになることは少ないでしょう。猫の気持ちを考えて、接してあげてくださいね!

スポンサーリンク