「ありがたいニャー」猫が感謝している時のサイン5つ

「ありがたいニャー」猫が感謝している時のサイン5つ

猫は人に良く似た感情を持っている、と言います。そして、感情を様々な形で、表現しています。猫が感謝の気持ちを伝えるとき、どんなサインで教えてくれるのでしょうか?一部筆者の推測も入っていますが、ぜひチェックしてみてください!!

2713view

1. スリスリ

こちらを見る白猫

スリスリっと猫の頭や体を擦り付けてきたら、それは感謝のサインかもしれません。筆者宅の猫を保護したとき、スリスリしてきてくれたことがあるので、きっとあれは感謝のサインだったのかと思っています。

猫のスリスリには匂い付けや甘え、催促など、様々な意味があります。親愛の情を表す時にもスリスリする場合があるようですので、そこに「ありがとう」の気持ちがこもっていても不思議ではありません。

猫の本当の気持ちは知る由もありませんが、きっと感謝してくれていると思って、ありがたく受け取っておきましょう。

2. 鳴く

猫と女性

良く猫を窮地から救った時、「にゃ〜にゃ〜」と鳴いている場合があります。あれはもしかして、感謝の気持ちを表しているのでは?意味は色々考えられますが、きっと「助けてくれてありがとにゃ!」と言っているに違いありません。

猫は対人とのコミュニケーションに、鳴き声を使うと考えられています。本当に猫が感謝しているかどうかは置いておいても、何かを訴えかけたいことは確かです。猫語で答えてあげると、きっと喜ばれるでしょう。

3. 舐める

人の指を舐める猫

猫をブラッシングしたり撫でていたりすると、舐めてくれることがあります。あれはお返しと思って、良いのではないでしょうか。

猫には親しい者同士が舐め合う、「アログルーミング」という毛づくろいの方法があります。「舐めてくれてありがとにゃ!」「大好きにゃ」の気持ちを、伝えているのでしょう。

飼い主さんのブラッシングやナデナデも、猫はアログルーミングだと思っているのではないでしょうか。「やってくれたお返しにゃ」と感謝の気持ちを、伝えているのでしょう。猫と気持ちが通じ合う、ちょっと幸せな瞬間です。

4. 贈り物をしてくれる

贈り物を持つ女性と猫

猫が感謝の気持ちを伝えるのに、贈り物をしてくれることがあります。狩りたての獲物を、プレゼントしてくれるかも。猫が飼い主さんに贈り物をするのには様々な説がありますが、まだ完全に理由が分かっているわけではありません。

猫が持ってくるのはネズミや鳥、虫などの獲物系が多いのですが、中にはキレイなお花や小物などを持ってくる猫も。猫には収集癖がある場合があるので、ただ集めているだけなのかもしれませんが、もしかしたら感謝の気持ちがあって、持ってきてくれている可能性を完全に否定することはできないのではないでしょうか?ちょっと夢見過ぎですかね?

5. いつもと違う行動を取る

猫と眠る女性

ちょっと悲しいお話ですが、猫は死期が近づくといつもと違う行動を取る場合があります。例えば、ずっと食べていなかったのに急にご飯を食べる、飼い主さんにずっと添い寝するなどです。

まるで飼い主さんを元気付けるかのような行動は、もしかしたら感謝を伝えているのかもしれません。ある霊能師の話では、猫は飼い主さんに感謝していると言います。最期に飼い主さんに感謝を伝える為、残った力を振り絞っている可能性があります。

猫とのお別れはとっても悲しいことですが、死期が近い猫がせっかく伝えてくれた感謝の気持ちを大切に、前向きに生きて行きたいですね。

まとめ

アリー

猫と会話することができたらどんなに良いかと思うのは、長年の人類の夢でしょう。猫の気持ちは推測するしかありませんが、飼い主さんが幸せを感じる方向で、猫の気持ちを推し量っても、バチは当たらない気がします。

そして同時に、猫に感謝の気持ちを伝えることも、大切でしょう。大切な猫に、感謝の気持ちを持ち続けて行きたいですね!

スポンサーリンク