亡くなった猫が気にしていること5つ

亡くなった猫が気にしていること5つ

猫は亡くなったらどうなるのか?どこに行くのか、気になりますね。猫も、自分がこれからどうなるのか、どこに行くのか、そして飼い主さんがどうなってしまうのかなど、気になるのではないでしょうか?

1654view

1. 飼い主さんのこと

女性と猫

毎日なんの気なしに過ごしているように見える猫ですが、その実は飼い主さんへの感謝で溢れていると言います。亡くなってからも側にいる猫も多く、飼い主さんが悲しみに暮れていると心配になっていつまでもあの世へ旅立てないとも。

死後の世界についてはっきりとしたことは言えませんが、あまりに悲しみ過ぎていると猫は心配するでしょう。もちろん、猫とのお別れは悲しいことですのでその気持ちを否定せず、しっかりと悲しむことも気持ちを整理する上で重要です。

すぐに元気になるのは難しいでしょうが、ある程度気持ちが落ち着いてきたら前向きに進む姿を見せるのも猫の為になるでしょう。

2. 飼い主さんが気づいてくれない

椅子の向こうから見る猫

亡くなった後、自分が亡くなったことに気がつかず飼い主さんの側に留まっている場合も多いのだとか。いつものように飼い主さんに構って欲しいのに、一向に飼い主さんは気がついてくれない…。

それどころか涙ばかり流している。こんな状況を亡くなった猫が見て、徐々に自分が亡くなったことを実感していくとかいかないとか…。

猫が亡くなった後も、猫の気配を感じたり匂いを感じたりする場合があるようですが、そんな時はそこに実際、猫がいることも多いよう。話しかけてあげると喜ぶかもしれません。

3. 飼い主さんと遊びたい

子供と二匹の猫

いつもと同じように、飼い主さんと遊びたい!と思う猫も。「遊んで〜」と飼い主さんにちょっかいを出しているのにも関わらず飼い主さんが気がつかないと「にゃにかがおかしい…」と思うでしょう。

たまに、猫がお気に入りだったおもちゃを出して動かしてみると、猫がじゃれるかもしれません。死に触れると人の感覚が敏感になり、亡くなった猫の気配を感じ易くなるという話もあります。何となくそこに猫がいるかもと思ったら、お気に入りのおもちゃで遊んであげましょう。

4. 生まれ変わりについて

こちらを見る子猫

猫にも生まれ変わりがあると言われています。必ずしも猫に生まれ変わる、という訳でもないようですが、もちろんまた猫に生まれ変わって、どこかでその生を全うする場合もあるのだとか。

あくまでも筆者の想像に過ぎませんが、生まれ変わりがあるということは、亡くなった猫は次生まれ変わるのかどうかを気にしているのではないでしょうか?願わくばまた、生まれ変わった猫と出会いたいですね!

5. しっかりと見送ってあげよう

光を浴びる猫

少し前述致しましたが、飼い主さんが猫が亡くなったことで悲しみ過ぎているとその想いに引っ張られ、猫がいつまでもあの世に行かれないという話があります。

猫が亡くなるのはとても悲しいことですが、もしかすると、飼い主さんが亡くなった後に、あの世で会えることがあるかもしれません。魂は永遠と言いますから、あながち全くないとも言い切れないのではないでしょうか?

しかも、亡くなってしばらくは飼い主さんの側にいることも多いと言いますから、いてくれる間に気持ちの整理ができると良いですね。気持ちの整理がある程度ついたら、猫を感謝の気持ちを込めて見送ってあげましょう。それが飼い主さんが猫にできる最後の務めです。

まとめ

猫の形の雲

ここに書いた話は科学的に実証されたことではありません。ですが、本当に力があると言われている霊能師さんのお話を参考にさせて頂きました。

猫が亡くなっても、それは永遠の別れではなくまたいつか会える日が来る、と筆者は信じています。そう考えれば離別の悲しみも、少しは癒えるのではないでしょうか?

生き物の生き死には常なるもの。それをどう捉え、どう乗り越えて行くかは自分次第と言えるでしょう。

スポンサーリンク