猫が安心できる「猫まくら」を作ってみた

猫が安心できる「猫まくら」を作ってみた

猫はよく寝る生き物です。猫と一緒にいると、気づいたら寝ていたという場面は多いでしょう。しかし、そんな猫も不安やさみしさから眠れないこともあります。そんな猫の為にクッション代わりにもなるまくらを作ってみました。

421view

猫は敏感な生き物

此方を見る猫

猫も不安になると眠れないことがあるようです。猫は元々神経質なので少しのことでストレスを溜めやすいのです。特に高齢になると落ち着きがなくなる猫が多くなります。

猫の落ち着きがなくなる要因として

  • 環境の変化
  • 病気

などが挙げられます。

猫は些細な環境の変化や体調の変化に敏感です。落ち着きがないなと思ったら、生活環境、食欲、飲む水の量に変化がなかったか、また、どこかを痛がったり痒がったりしていないかなど、チェックした方が良いでしょう。

猫を落ち着かせるグッズ

猫とミシン

猫が落ち着いたり安眠できたりするために、猫のための「猫まくら」を作ることにしました。ポイントは「人肌代わりになるまくら」を作るということです。なるべく大きめのサイズで、幅があり、温かみのある素材を選びます。綿を使って厚みを出し、猫に触れる面にはフェルトやキルティングなどを選ぶと良いでしょう。

猫まくらを作るための材料

  • フェルト
  • 綿
  • 縫い糸、針
  • はさみ

猫まくらの作り方

1.フェルトを切る

作業工程1

まず、必要量の綿をフェルトで包んで、1㎝くらいオーバーする長さでフェルトをカットしていきます。1㎝は縫いしろ分です。

2.フェルトを縫う

作製工程2

カットしたフェルトを合わせて、縫いしろ部分を並縫いで縫っていきます。

作製工程3

次に、真ん中に綿を入れ、フェルトの両端を山折りにして、両端をまつり縫いで縫っていきます。

3.縫い終わったら、完成です。

完成したもの1

上の写真のようになれば完成です!

完成したもの2

今回は余ったフェルトやボタンを縫い付けてブタの形にしてみました。このように装飾してみても良いでしょう。

愛猫に猫まくらを使ってみた!

子猫と枕

鳴いている猫の隣に猫まくらを置いてみると、猫が鳴き止みました。常に効果があるものではないかもしれませんが、寝ているときにまくらがあると寄りかかって眠ります。猫が良く寝る場所に置いておくと良いかもしれません。

まとめ

寝転ぶ猫

猫まくらは猫にとって少しは落ち着くことができるアイテムであるようです。季節によって素材を変えてみても良いでしょう。猫のためだと思えば多少作業行程があっても楽しく作れます。猫が少しでも寂しくならないように、1つ作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク