【これをされたら愛されてる】猫が好きな人限定でする行動5つ

【これをされたら愛されてる】猫が好きな人限定でする行動5つ

猫は様々な方法で自分の気持ちを表現していますが、好きな人に対してだけ、行う傾向がある行動があります。ご紹介する行動を猫がしたら、猫の好きな人だと思って、良いでしょう。早速チェックして行きましょう。

10422view

1. ふみふみ

ふみふみする猫

「ふみふみ」とは、猫が前足を交互にグーパーして行うアレのことです。毛布やクッションなどのふかふかしたところに行うこともあれば、飼い主さんにしてくることもあります。もし飼い主さんに向かってふみふみをした時は、母猫代わりだと思われている可能性が高いです。すなわち、大好きな人だからこそふみふみするということです。

そもそも、ふみふみは子猫が母猫の母乳を出しやすくして飲む為に行う行動。それを飼い主さんに向けてやるということは、かなり甘えていると思って良いでしょう。

2. しっぽをピンと立てる

しっぽを立てる猫

猫が好きな人を目にした時、変化が起きる場所があります。それは、しっぽ。猫は好きな人を目の前にするとピンとしっぽを立てるのです。先端の方が多少曲がっていることもありますが、今までだらりと垂れ下がっていたのに、好きな人が視界に入ったとたんピンとなるのでとても分かりやすいです。

もし猫が飼い主さんの方に寄ってくる時、しっぽがピンとなっていたらそれは「大好き!」の合図。飼い主さんも猫に「大好き」を伝えてあげると良いですね!

3. 無防備な姿を見せる

無防備にお腹を見せる猫

猫は好きで信頼している人限定で、無防備な姿を見せます。例えば、お腹を丸出しでひっくり返ったり、側で寝たり…。警戒心の強い猫が無防備だということは、それだけ信頼して好きな人だからでしょう。

そうでなければ、何をされるか分からず、もしかしたら危険な目に遭わされるかもしれないのに、無防備になるなどできません。もちろん、猫の性格による部分もありますが、もし猫と2人でいる時、猫が無防備なのだったら好きだと思われていると思って間違いないでしょう。

4. 近寄っても逃げない

子供と猫

猫はこちらから近寄ろうとすると逃げてしまう場合がほとんどです。何か怖いことされるんじゃにゃいか、危険なんじゃにゃいかと思って、こちらに敵意がなくてもそそくさと逃げてしまいます。

そんな猫ですが、好きな人が近づいても逃げないことがほとんど。むしろ好きな人が近寄ってくるのを喜ぶ節も見られます。ですから、近づいても猫が逃げなければ、好きだと思われていると思って良いでしょう。

5. いつも側にいる

女性と猫

気がつくといつも猫が側にいる。そんな羨ましいことになっている場合は、猫に好きだと思われています。ふと振り返ったら猫がいることもありますし、わざわざ視界に入るかのように座ることも。または、高いところから監視しているかもしれません。

猫が側にいるのは、それだけ好きで側にいたいからだと考えることができます。時には邪魔猫に変身することもあるかもしれませんが、猫の好きだという気持ち無下にしないであげてくださいね。

まとめ

トフィ

猫の気持ちを知るには、猫の行動を良く観察することが大切です。猫の好き好きサイン見逃さないようにしたいですね。もし猫に好かれていると分かったら、同じくらいの愛情を猫に返してあげるようにすると良いでしょう。より仲良くなり、良好な関係を築けることと思います。

スポンサーリンク