気付いてないかも?猫の分かりにくい愛情表現4つ

気付いてないかも?猫の分かりにくい愛情表現4つ

一般的に猫ちゃんはクールな生き物として知られていますが、実は愛情表現もしっかりしてくれる生き物です。一見では分かりにくい愛情表現についてまとめてみました。

997view

猫も愛情表現してます

此方を見る猫

猫ちゃんの愛情表現の仕方は様々です。分かりやすいものもあれば、控えめな愛情表現だってあります。猫ちゃんの性格の個体差によって、スキンシップが好きな子と苦手な子がいます。人間と同じでコミュニケーションが得意な人、苦手な人がいるのと同じです。飼い主さんも愛猫に好かれているのかどうか悩まれている方もいらっしゃるかと思いますので、ぜひこちらの記事も参考にしていただければと思います。

1. 飼い主さんの近くで眠る事

寝てる猫

猫ちゃんが飼い主さんの近くで寝ることは、ちゃんとした愛情表現の1つです。「寝る」という行為は完全な無防備状態になる事ですので、危険が及ぶ可能性のあるところで寝るわけにはいきません。飼い主さんの側で寝ることは信頼の証ですし、もちろん側でなくてもちょっと離れた同じ空間である場所で寝ることも十分な愛情表現です。猫ちゃんの習性である「安心できる場所を選んで寝る」という点から見て、飼い主さんになついていると考えられます。

2. 通りすがりに軽くスリスリしてくる

スリスリしている猫

飼い主さんにまとわりついてスリスリするのではなく、通りすがりのついでのようにスリスリされることがあります。これは猫ちゃんが飼い主さんに興味を持っている証拠です。体や顔をさりげなく近づけてきます。愛情表現が下手な子に多いのですが、もしされることがあれば飼い主さんはぜひ、心の中で喜んでください。

3. 一定の距離を離れたところで鳴く

鳴く子猫

1~2メートル離れた場所から飼い主さんを見つめて「にゃー」と鳴くことがあります。このとき大抵が小声で鳴くのですが、飼い主さんに気付いてほしいというアピールです。もしこの行動を見かけることがあれば無理に抱っこはしないで、目があったときに名前を呼んであげて下さい。「好きな人が気づいてくれた」と理解してくれます。もしくは気持ちを込めて同じように「にゃー」と返してあげてもいいです。猫ちゃんは自分が無視されないで、構ってもらえたと思ってくれます。

4. ご飯の時だけ近づく

おやつ食べる猫

飼い主さんの多くにこの経験があるのではと思いますが、ご飯の時だけ愛猫が近づいてくることはないでしょうか。思わず「現金なやつだなぁ」と思ってしまいますが、猫ちゃんは嫌いな人がご飯を持っていても近づこうとはしません。飼い主さんに近づきたいという想いも込みで、近づいているのです。

まとめ

虎(トラ)

普段何気ない仕草からも、猫ちゃんは一生懸命に愛情を示してくれているのが分かりました。飼い主さんもぜひ把握して、より一層惜しみない愛情を注いであげて下さい。

スポンサーリンク