猫とスキンシップ♡いちゃいちゃできる遊び方5選

猫とスキンシップ♡いちゃいちゃできる遊び方5選

せっかくならもふもふで可愛い猫とスキンシップして、いちゃいちゃしたくないですか?いや、それをやらずして猫を飼った意味が果たしてあるのでしょうか?猫とのいちゃいちゃが楽しめる遊び方ご紹介致します。

494view

1. 指のせ

人の手に前足を乗せる猫

猫の前足にそっと指を乗せてみましょう。猫が前足を指の上に乗せてくれるかもしれません。そうしてくれるのは猫によりますが、もしやってくれるなら良いスキンシップになります。たくさん遊んで、絆を深めましょう。ちなみに筆者宅の猫は、やってくれませんでした…。残念です…。

2. ちょっと危険なお腹もしゃもしゃ

猫のお腹をもしゃもしゃする女性

お腹は猫にとって急所なので普通は触られるのを嫌がります。でもあえて触ってみましょう。恐らく足で反撃しようとしたり、噛もうとしたりしてくるハズ。それをうまくかわしながらいちゃいちゃしてしまいましょう。

ただ、お腹を触られることにストレスを感じる場合もありますので、あまりしつこくするのはオススメできません。猫の様子をみながら嫌がっている(耳を伏せる、しっぽをバタバタ振る)ようなら止めてあげてください。

3. 膝のせ

女性の膝の上の猫

猫を抱えて膝に乗せて、いちゃいちゃ開始!これはできる猫が限られますが、平気な猫だったらぜひたくさんいちゃいちゃしちゃいましょう!ナデナデしても良し体の異常チェックも兼ねて、全身に触れてみるのも良し。猫が嫌がらない限り様々ないちゃいちゃが楽しめます。

マッサージして、猫に気持ち良くなって貰うのもオススメですよ!良い思いをした猫はまた、いちゃいちゃさせてくれるでしょう。

4. 変顔選手権

猫の変顔

猫が嫌がらない場合に限りますが、猫の顔を引っ張ったり広げたりして変顔選手権をするのはいかがでしょうか?もちろん嫌がる場合は無理はせず。

猫の意外な可愛い顔が見れるかもしれません。個人的には、耳をペタンと後ろに持っていってアザラシ風にするのがお気に入りです。耳がないと、猫ってアザラシに似ているのです。フクロウにも似てますが。こんなスキンシップもたまには良いのではないでしょうか?

5. とにかくにゃでにゃで

猫を撫でる人

とにかくにゃでにゃでしまくって、スキンシップしましょう!猫の気分が乗っていれば、たくさん撫でられるのは嬉しいハズ。

顔周辺はもちろん、その猫が触られるのが好きな場所をたくさんにゃでてあげてください。1点気をつけたいのが猫が満足した場合です。耳を伏せる、しっぽをバタバタと振るなどの様子が見られたら、それは「もういいにゃ」の合図。気がつかずに撫で続けると、痛いしっぺ返しがくるかもしれません。十分にご注意ください。

まとめ

ららまる

ご紹介した以外にも猫とのいちゃいちゃが楽しめる遊び方は、たくさんあると思います。独自の猫が喜ぶようなスキンシップ方法を見つけるのも良いですね!せっかく猫と暮らしているのですから、思う存分楽しまないともったいないですよ!

スポンサーリンク