猫を飼う人が必ず知っておかなければいけないこと5つ

猫を飼う人が必ず知っておかなければいけないこと5つ

可愛い猫を飼ったは良いけれど、こんなハズじゃなかった…そんな悲劇を産まないよう、飼う前に猫を飼うことについて、知っておきましょう。猫と人がお互い快適に暮らすには、猫の事を良く知る事、譲歩することも大切になります。

2698view

1. 猫は肉食

肉を食べる猫

猫は肉食動物です。基本的な栄養素をお肉から摂りますので、その辺りはしっかりと覚えておきましょう。人の感覚で菜食が良いだろうなどと判断して、野菜中心のご飯にしてしまうと栄養不足に陥ってしまいます。

猫にはお肉中心のご飯を与えるようにしましょう。もちろん、猫に害のない野菜を適量与えてもOKです。要は猫が必要とする栄養バランスが崩れなければ良いのです。栄養のバランスの良いご飯は、猫の健康の資本となります。しっかりと考えてあげましょう。

2. 猫は小さな犬じゃにゃい

犬と猫

猫を小さな犬だと勘違いして扱うと大変なことに…。猫は犬のように、人に忠実に動く生き物ではありません。自分の意思に従って動きますので、猫が犬のように言う事を聞かないからと言って、イライラしていたらキリがありません。

基本的に、猫をしつけるのは難しいと思っておいた方が良いでしょう。猫のペースを尊重して、猫のしたいようにさせるのが、一番ストレスを溜めさせない方法です。猫と犬では根本的に違う、と思って、扱うようにすると良いでしょう。

3. 猫が住みやすい環境

キャットタワーの上の猫

猫を飼う時には、猫が住みやすい環境を整える必要があります。猫が住みやすい環境とは、猫の隠れ家がある事、登れる高い場所があること、外を眺められる場所があるのも、好ましいです。

また、清潔なトイレやいつでも飲める新鮮なお水も、大切です。猫が快適に過ごせるように、気遣ってあげてください。

4. 猫が嫌がること

女性に抱かれる猫

猫を飼う時、猫が嫌がることも、覚えておかなければいけません。猫は無理やり抱っこされたりしつこく触られたり、大きな音などを苦手とします。マイペースに動くのが好きなので、自分の意思に反することを強要されると、ストレスを溜めてしまうのです。ですから、猫に何かを強要しないように、注意しましょう。

猫が嫌がったらすぐに止めるなどしないと、人を嫌がるようになってしまうかもしれません。猫のペースに合わせ、猫のご機嫌を見ながら、接するようにすると良いでしょう。

5. 楽しいコトばかりじゃない

植木鉢を落とした猫

猫と一緒に暮らすのは幸せで楽しいのは間違えないですが、楽しいコトばかりでもない場合があります。例えば、猫が病気をしたり、粗相をしたり、いたずらすることも。大変な思いをすることが、あります。

猫が病気になったからと言って、捨てるなんて事をする人はいないと信じたいですが、猫がどういう状況になっても、その命が尽きるまで面倒を見るのが、飼う人の役目です。万が一途中で飼えなくなってしまったら、責任を持って次に可愛がってくれる人を、探しましょう。猫と暮らすのは時には大変なこともあると、覚えておきましょう。

まとめ

虎(トラ)と 景(カゲ)

猫を飼うのは大変な事はあっても、それ以上のものを返してくれます。猫と暮らして行くうち、きっと掛け替えのない存在になって行くハズです。幸せな暮らしを、楽しみましょう!

スポンサーリンク