猫が飼い主を独り占めする時にさりげなくやっている行為5つ

猫が飼い主を独り占めする時にさりげなくやっている行為5つ

猫は、独占欲が強い生き物です。ナワバリの関係もあるのでしょうが、飼い主を自分のナワバリだと思っていると、他の猫が近づくと独り占めしようとします。飼い主を独り占めしようとしている時、猫はこんな行動をします。

1192view

1. 側を陣取る

猫を膝の上に乗せている女性

飼い主の側に陣取って、他の猫を近づけさせないようにする…。常套手段です。「ここは自分の場所にゃ!」とばかりにアピールします。

他の猫が近づかないよう目を光らせながら、リラックスしてる風に振舞っちゃったりして、猫ってポーカーフェイスが上手です。

猫が側にいて可愛いな、癒されるな〜なんて飼い主が思っているその裏では猫たちの熾烈な争いが勃発しているのかもしれません。飛び散る火花が一瞬、見えたりして…

2. 他の猫を威嚇

威嚇しあう猫

飼い主を独り占めしてる時、他の猫が近づこうなら軽く威嚇して追い払おうとするでしょう。

そのくせ飼い主には、ウルウルとした可愛い目で「大好きにゃ」と伝えてきます。この切り替えの早さ見習いたいですね。

きっと他の猫には「あいつ表裏ハンパないにゃ…」なんて思われてそう。筆者は、他の猫を近づけまいと威嚇する猫を見て
いつも思います。

3. 膝を独占

膝の上の猫

膝は猫の間の人気スポット。特に寒い季節は大人気になって行列待ち(?)も。普段は他の猫にせっつかれて居場所を譲る猫も、膝だけは譲らにゃい!という態度の猫もいます。

それほど飼い主の膝は心地良いのでしょう。飼い主的には、ずっと乗られていると重くなるしトイレにも行きたくなるのですが、気持ち良さそうな顔をして過ごす猫を見ると、とてもじゃないけどどかすことなんて出来ません。

膝は猫たちの中では、どうも早い者勝ちのよう。飼い主が座る瞬間を、今か今かと待ち構えているのやも。冬は何となく猫たちの殺気を感じる、という方はきっとめちゃくちゃ狙われてマス。

4. デロデロに甘える

甘える猫

「他の猫は構っちゃダメにゃ!」とでも言うかのように、デロデロに甘える場合も。とにかく飼い主を独り占めしたい気持ちが全面に出ています。飼い主の気を自分に引きつけて、他の猫に向けさせようとしません。

こうなるともう「さりげない」とは言えません。あからさまに独り占めしようとしてくる猫も可愛いですが、他の猫への気遣いもお忘れなく。

5. 拗ねてアピール

拗ねる猫

何となくそっけなくしたり、よそよそしい態度をとって拗ねていることをアピールしてくる場合もあります。飼い主が構ってくれなくて寂しさを感じていたり、他の猫ばかりに注目していたりすると、こんなさりげなアピールをしてくるかも。

本当は構って欲しいのに、それを大っぴらに伝えない控え目な猫がいます。こんな性格の猫は、気がつけばストレスを溜めて体調を崩してしまうかもしれませんので、何だか様子がおかしいと思ったらたくさん気にかけてあげてくださいね。

まとめ

ムーちゃん

猫に独占されるなんて、ちょっと嬉しいような困るような複雑な気持ちになりますね。筆者宅の猫を見ていると、やはりオス猫の方が独占欲が強い気がします。

可愛いけれど、他のメス猫には嫌われちゃうんじゃ…とちょっと心配です。