猫がひそかにスキンシップを望んでいるときの行動5つ

猫がひそかにスキンシップを望んでいるときの行動5つ

孤独を愛するイメージの猫ですが、実は飼い主さんとのスキンシップは、必要としています。そんな猫がスキンシップしたい時、どんな行動をするか、ご存知ですか?意外と控え目で、分かりにくいかも…

1524view

1. ちょっと離れて鳴く

鳴く猫

なぜか飼い主さんからちょっとだけ離れて鳴く…。なんとも猫らしいアピールではないですか。ひそかです。もっとあからさまに絡んでくれれば分かりやすいのに、猫って控えめなんですね。

ここは飼い主さんが察してあげるしかありません。飼い主さんが声をかければ、猫は嬉々として近寄ってくるでしょう。思う存分、もふってあげてください。

2. 飼い主さんを見る

こちらを見る猫

飼い主さんをじ〜っとうっとりとした顔をして見るのも、ひそかなスキンシップのアピールです。何となく視線を感じて振り返ったら猫に見られてた…。良くある光景ですよね。

筆者宅のトラ猫も、ご飯が欲しい訳でもなさそうなのに、側でじ〜っと見てくることがあるのですが、あれはスキンシップを求めていたのですね。分からなかったと反省です。そんな時は飼い主さんの方から近づいて、もふもふしてあげましょう。気持ちが伝わって嬉しそうにゴロゴロ言う猫の姿が、目に浮かびます。

3. 離れた物にスリスリ

スリスリする猫

飼い主さんに直接スリスリするのではなく、なぜかちょっと離れた壁や家具にスリスリ…。一見ナワバリ主張かとも取れる行動ですが、実はスキンシップを望んでいたみたいです。

筆者宅のキジ白猫が良く、この行動を取るのですが、スキンシップ希望だったなんて、つゆ知らず…こんな事も分からなかったなんて、猛反省です。猫が良く分からない場所でスリスリしていたら、恐らくスキンシップを望んでいます。即座にたくさん、もふもふしてあげてください。

4. 目が合った時に鳴く

鳴く猫

飼い主さんをじ〜っと見つめ、気がついてくれるのをけなげに待つ…。そして飼い主さんが気がついて目が合ったら、その時に鳴いて、スキンシップを求める。

か、かわいい。かわい過ぎます。こんな事されたら忙しくてもそっちのけで、猫をもふってしまいますよね?いつから待ってたのだろうと、気がつかなかった自分の不甲斐なさを責めてしまいそうです。

5. 様子を見て寄ってくる

様子をうかがう猫

スキンシップして欲しいけど、飼い主さん今ヒマかにゃ?と気遣うように様子を探る猫。遠巻きに飼い主さんを見て飼い主さんが大丈夫そうだったら、そっと寄ってきてスキンシップを求めます。

何とも控え目な、アピールでしょうか。猫ってマイペースに見えて、実はしっかりと相手を気遣える素敵な動物なのですね。見習いたいものです。

まとめ

もも

猫の性格によっては、ガツガツとスキンシップを求める猫もいるでしょうが、結構控え目なのが一般的のようです。猫のひそかなアピールに気がついてあげてください。

もし気がつかないで放っておくと、寂しい思いを抱えてしまうかも。そうなる前にしっかりと猫を見てあげましょう。

スポンサーリンク