猫が放っておいてほしいときに見せる仕草5つ

猫が放っておいてほしいときに見せる仕草5つ

猫が気分屋な動物なのはご存知の通りかと思いますが…。自分が構って欲しい時は、スリスリとすり寄ってくるクセに、構って欲しくない時は塩対応。猫だから仕方ありません。放っておいて欲しい時の猫はこんな仕草を見せますので、必ずチェックしておきましょう。

2264view

1. さっと逃げる

逃げる

高いところに登るなどして「今は放っておいてにゃ」と仕草で伝えます。まぁ、普段から構われるのが嫌いな猫は構おうとすると、スルッとどこかへ行ってしまうことはしばしばですが。

とにかく、構われたくない時猫はさささっと、どこかへ行ってしまうので深追いはしないようにしましょう。猫は逃げ足速いので、その前に捕まえられないとは思いますが…。

2. あくびする

あくび

猫のあくびは眠い時だけじゃありません。リラックスしている時に飼い主さんが構ってきて「放っておいて欲しいにゃ」と思っている時もあくびします。

猫が寝ていたり、のんびりしていたりすると可愛くて、ついつい構いたくなってしまうのですが、すかさずあくびをされたら、もうそっとしておく方が無難です。「あくび返し!」なんて遊んでみても、多分白けた目で見られるだけでしょう。そそくさと退散いたしましょう。

3. 隠れる

隠れる

猫が放っておいて欲しい時。これは分かりやすく隠れます。かくれんぼが得意な猫です。本気で隠れられると、本当にドコにいるのか分かりません。

構われたくないから隠れているので、かくれんぼ感覚で探すのはヤメましょう。恐らく「うるさい」と思われてしまいます。しつこくすると嫌われてしまうかも?

4. 無反応

無反応

いくら飼い主さんが構っても無反応な場合も。それだけ安心しているのか、どうでも良いのか分かりませんが、憮然とした表情をしていたらそっとしておく方が無難かも。

反応しないからと言って調子に乗ると、そのうち鉄の制裁が下る可能性も考えられます。ほどほどにしましょう。

5. 怒る

怒る

放っておいて欲しくて、怒る猫もいます。この時は本気で嫌がっていますので、それ以上は構うのをヤメてください。

しつこく続けると、猫パンチが飛んでくる可能性があります。それに、猫にストレスを与えるのは良くありません。猫が「ヤメて!」と主張している時はそれに従いましょう。

まとめ

虎(トラ)

猫がそっとしておいて欲しい時、どんな仕草をするのか分かっておくと、猫のご機嫌を損ねなくて済みます。気がつかずにしつこく構って嫌われない為にも、しっかりと猫の仕草を見て気分を察するようにしましょう。

スポンサーリンク