猫のお留守番タイムを充実させる方法5つ

猫のお留守番タイムを充実させる方法5つ

猫と一緒に暮らしていると、どうしても猫にお留守番してもらわないといけない場面が出てくるかと思います。ただボ〜ッと過して貰うのではなく、充実したお留守番タイムにする為、工夫できることはないのでしょうか?

1761view

1. 猫用音楽をかける

レコードプレーヤーの上の猫

お留守番中に猫用の音楽をかけておくと、猫がリラックスして過ごせるでしょう。猫は人よりも聞き取れる音の周波数の範囲が広いので、人用よりも猫用に作られた音楽の方がより、心地良く感じます。

テレビやラジオを付けておくと良い、と言う話もありますが、どんな音が飛び出してくるか分からないので、逆に猫のストレスになってしまう可能性があります。できれば猫用音楽をかけてあげた方が、猫が安心して過ごすことができるでしょう。

2. カメラを設置

タブレットで猫を映す人

猫の様子を飼い主さんが外出先から見ることができる、カメラを設置するのも、良いでしょう。飼い主さんの声を送ることができたり、おやつをあげられたり、一緒に遊ぶことさえできる高性能なカメラが、発売されています。

ただ撮影するだけのカメラなら猫側の充実感はありませんが、外出先から飼い主さんが働きかけることができるカメラなら、猫のお留守番に刺激を与えることができ、充実してきます。どんな機能があるカメラなら猫が喜んでくれるのかを考えつつ、購入を考えても良いでしょう。

3. 飼い主の匂いがついたものを置く

マフラーで眠る猫

留守番中の寂しさを癒す為、飼い主さんの匂いがついたものを置いておくと、猫が安心して過ごせます。洋服や毛布など、普段飼い主さんが使っているものを、猫がいつも過ごす場所の近くに、置いておくと良いでしょう。

クンクンしたり、モミモミしたりして、飼い主さんの匂いと戯れるうちに飼い主さんが帰ってきて、お留守番終了となるかもしれませんね。

4. おもちゃを出しておく

毛糸玉で眠る猫

猫お気に入りのおもちゃを出しておき、好きな時に遊べるようにしておきましょう。気が向いた時に1匹で遊べれば、それだけでも退屈が紛れます。

ただ、気をつけたいのがおもちゃの形状です。猫の口にすっぽりと入ってしまう小さなおもちゃは誤飲の可能性がありますし、ヒモ状のおもちゃも噛み切って飲み込んでしまうかもしれません。猫が誤飲する心配のない、猫の口よりも大きなボールなどが良いでしょう。

転がすと中からご飯が出てくるようなものも、オススメです。どうやったらご飯が出てくるのかと思考を凝らしているうち、気がついたら飼い主さんの帰宅時間になっているかも。

本来猫は、木のウロや地面に開いた穴などに獲物がいないかと探し回って食事をする動物なので、家の中の隙間などにご飯を隠しておき、それを猫が見つける、と言う遊びを仕込んでおくのも良いでしょう。

5. 窓際の設備を充実させる

窓際で眠る猫

猫は、窓から外を眺めるのが大好きです。これは、家の中というナワバリを守るためでもあるのですが、窓から見える鳥や虫、行き交う人や車などを眺めて、楽しんでいるところもあります。

猫が快適に、窓から外を眺める時間を過ごせるように、猫が気に入りそうなベッドを置いたり、キャットタワーを窓際に設置するのもオススメです。思う存分外を眺めれば、それだけお留守番タイムが充実することでしょう。

まとめ

虎(トラ)

お留守番を充実させる工夫は、1つだけでなく幾つ行っても良いですね。特に、カメラは飼い主さんも猫の様子が見れるので、安心してお留守番して貰うことができます。猫の好みに合わせて、工夫してみてくださいね!

スポンサーリンク