猫が飼い主にしかしていない『愛情表現』6選!見逃さずに応えてあげよう♡

猫が飼い主にしかしていない『愛情表現』6選!見逃さずに応えてあげよう♡

猫は大好きな飼い主に「好きだニャ〜」としっかり伝えています。はっきりと表現する猫も、恥ずかしがりで二人きりになった時にしか行動してくれない猫もいます。それでは愛おしい猫の仕草を見ていきましょう。

6403view

1. サイレントニャ〜

猫用ベッドの中で鳴いている子猫

「ニャー」と言う口の形をしながら、鳴き声が聞こえないことはありませんか?実は大好きで大好きでたまらないという愛猫からの表現です。ぜひ飼い主からも同じくサイレントニャーや「長めの瞬き」でお返しをしてあげましょう。

2. ゴロゴロやウニュウニュ

顔をマッサージされて気持ちよさそうに目を閉じる猫

側に寄ってゴロゴロという音や、ニャ〜という声ではなくウニャウニャした声が聞こえたときは猫が甘えている証拠です。顔や身体を撫でて、抱っこ好きな子なら抱き寄せてあげてくださいね。そして飼い主と愛猫の優雅なひと時を過ごしてくださいね。

3. ヘソ天くねくね

カーペットの上に仰向けに寝転ぶ猫

お腹を出すのは相手を大信頼している証です。目の前でこちらを見ながらヘソ天をしてクネクネしているときは触ってほしいアピールです。ぜひ首の辺りを撫でてくださいね。お腹が出ているからとそのまま安易に触ると我に返る猫も多いですから、首を撫でて慣らしてから手を少しずつお腹へ移行してくださいね。

4. 頭突き、スリスリ、舐め舐め

人の腕にスリスリをする猫

大好きな飼い主には頭突きをしながらスリスリし、流れ流れてず〜っと舐めてくるときもあります。特に長時間留守をした後は長めのスリスリと舐める攻撃が待っています。しっかり愛猫が納得するまでさせてあげてくださいね。

5. 付いてくる家庭内ストーカー

尻尾をたてて部屋を出ようとする猫

飼い主が好きな猫は行く所行く所にくっ付いてきます。トイレの中でも、着替えているときでも、お風呂に入るときでもストーカーになってしまう猫がいます。ただし、面白いことに出かけるときには案外サラっと見送ってくれたりします。

6. 穴が開くほどじっと見つめる

首をかしげてこちらを見つめる猫

懐いていない動物の目をじっと見ると相手は怒りだします。それは見つめるという行為が威嚇と一緒だからです。しかし、飼い主に心を許している愛猫は逆に穴のあくほどじっと見つめてきます。「どうしたの?」と聞いてあげましょう、愛猫は喜んで側に寄ってくるでしょう。

まとめ

ひじき

猫が飼い主にしかしていない『愛情表現』6選!見逃さずに応えてあげよう♡についてお伝えいたしました。

実は自分にしか見せていない愛猫の愛情たっぷりの仕草や行動は、他の人が愛猫と接して初めて分かることが多いようです。

一人暮らしの飼い主さんで猫のために来客を控えている人も、たまにはお友達を招いてみましょう。愛猫からの気持ちを再確認できるかもしれませんよ。

スポンサーリンク