飼い主の足の間で寝る猫の心理3つ

飼い主の足の間で寝る猫の心理3つ

「朝起きると、いつも飼い猫が足の間で眠っている」といった体験をしたことがある飼い主さんは少なくないはずです。一体猫はどのような心理で、飼い主さんの足の間で眠っているのか、その理由を詳しく解説していきます!

3461view

なぜ猫は飼い主さんの足の間で寝ることがあるの?

足元で眠る猫

猫は飼い主さんの足の間で眠ることがあります。実は、猫が飼い主さんの足の間で眠るのには、いくつかの理由が考えられます。

一体どのような心理で、猫は飼い主さんの足の間で眠るのか。本記事で詳しく解説していきましょう。「うちの猫がなぜ足の間で眠るのか気になる」と思っている飼い主さんは、ぜひ参考にして頂けたら嬉しいです。

1. 飼い主さんのことが好きだから

女性に寄りかかる猫

猫は信頼していない相手の近くには近寄ろうとしません。フレンドリーな性格の猫だったとしても、嫌いな人の近くにわざわざ近寄っていく猫は少ないといえるでしょう。

反対に、信頼している相手の近くに積極的に近寄る猫は多いです。もし、飼い猫が毎晩のように飼い主さんの元にやってきて足の間で眠る場合、飼い主さんのことを深く信頼している可能性が高いといえるでしょう。大好きな飼い主さんの近くで眠って安心感を得たいから、わざわざ足の間にやってきて寝るのだと思われます。

2. 寒いから

足元で毛布にくるまる猫

夏はさっぱり近くにやってこないけど、冬になると毎晩のように飼い主さんの足の間にやってきて眠るという場合、寒いと感じている可能性が高いです。

猫の平均体温は約38度です。人間よりもやや平均体温が高い生き物なので、猫にとって人間の体温は「ぬるま湯のようで暖かい」と感じられます。なので、冬の時期になると暖を求めて人間の足の間にやってくる猫は多いのです。

足の間で快適そうに眠っている場合は特に心配する必要はありませんが、足の間で眠っている間もぶるぶると震えて寒そうにしている場合は、室温が低すぎるのかもしれません。なので暖房をつけてあげたり、ペット用のカーペットなどを用意してあげるなどの寒さ対策をすることをおすすめします。

3. 自分専用のハウスとして使うのに適しているから

飼い主の足の間にいる猫

人間の足の間のスペースは、猫にとってからだがちょうどぴったり入る場所でもあります。しかも、ふかふかとした布団を「心地よい」と感じる猫は多いのでしょう。

なので、人間の足の間をスペースを「自分のハウス代わり」として使っている猫もいます。小さめの段ボール箱や、猫用ハウスで眠るのと同じような感覚で飼い主さんの足の間で眠っているのでしょう。

しかも、大好きな飼い主さんの匂いも感じられるため、安心する匂いに包まれて眠れるというのも、猫にとって大きなメリットなのかもしれません。

まとめ

しらす

猫が飼い主さんの足の間で眠るのには、さまざまな理由や心理があるのです。足の間で眠るということは、少なくとも飼い主さんのことを嫌っておらず、ある程度信頼しているといえるので、猫との関係をさらに築いてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク