猫が寝場所をコロコロ変える理由3つ

猫が寝場所をコロコロ変える理由3つ

猫ちゃんと暮らしているといつも毎回寝る場所を変えている事に気づきましたか。コロコロと違う寝場所を選んでしまう猫ちゃんの習性について調べてみました。

1490view

猫は寝場所を変える?

眠る猫

猫ちゃんを観察してみると、コロコロと寝る場所をかえていることに気づきます。一日の大半を寝る時間で過ごす猫ちゃんにも、お気に入りの寝場所はあります。

いつも使用するベッドやキャットタワーの上だったり、ちょっとした隅のスペースにはまって、寝ていたりします。しかし、一日中同じ場所で寝ていたりすることは決してありません。その理由について調べてみました。

1. 温度に対応するため

マフラーを巻いた猫

例えば暑い時期であるならば、猫ちゃんは涼しい場所を求めて動き回ります。高くなった体温をもとの体温に戻すために風通しが良く、涼しい場所へと動くのです。昼間と夜では涼しいと感じられる場所も変化しますので、猫ちゃんもそれに合わせて変えていきます。

温かい場所に移動するときも同様の理由です。ただし猫ちゃんは熱さには鈍感な性質がありますので、冬場はよく熱源に近づきすぎてしまって、火傷してしまったりする猫ちゃんも多くいます。暖房器具などには気を付けながら、猫ちゃんの温度変化のサポートをしてあげましょう。

2. 日光浴

日光浴中の猫

猫ちゃんを見ていると気づくと思うのですが、日向ぼっこが大好きな生き物です。日光浴をすることで猫ちゃんの体内には必要な栄養分を作ることができます。具体的にはビタミンDが作られて栄養を吸収する手助けとなったり、体の免疫力を高めることができるのです。

また猫ちゃんには、年2回の換毛期があり毛が生え変わります。これは日照時間などによって季節の移り変わりを感じることで行なわれるので、日光浴はこの面でも役立っています。そのような理由から猫ちゃんは常に日向ぼっこができるように、寝場所をコロコロと変えていくのです。

3. 安全な場所探し

毛布に隠れている猫

猫ちゃんには野生の本能の名残があり、常に安全な寝場所を探しています。寝ている最中は無防備な姿となりますので、敵に狙われやすい時間にもなりえます。そのためなるべく安全で敵にも見つかりにくい場所を寝場所として選ぶ傾向があります。

高い場所や狭い場所を好んで猫ちゃんが移動するのはそのためです。特に警戒心の強い猫ちゃんだと、この傾向も強くなります。家の中では、猫ちゃんに入ってほしくない場所もあったりするのですが、猫ちゃんにとってはまさに、そういう場所を好みとするのです。

まとめ

かんぱち

一日の大半を寝て過ごしているので、せめて寝やすいスポットは飼い主さんの方からも作ってあげるように配慮してみて下さい。

日の当たるところに、猫ちゃんが好きそうなフワフワの素材のタオルなどを置いてあげるだけで、勝手に使用してくれるようになりますよ。

スポンサーリンク