飼い主のことが好きすぎる猫の行動3つ

飼い主のことが好きすぎる猫の行動3つ

猫ちゃんの飼い主さんであるなら、愛猫がどれくらい自身のことを好ましく思ってくれているのか気になりませんか。今回はその点で推測できる手がかりについてまとめました。

5010view

猫からの大好きサイン

ソファーの上の女性と鼻チューをする猫

猫ちゃんはもともと狩りをしながら生きていく動物であるため、警戒心の強い子が多いです。かつ表情筋の発達が少ない面もあって、全身全霊で感情を伝えてくる犬と比べると気持ちが分かりにくいとも言われています。

しかしそんな猫ちゃんでも、飼い主さんにさりげなく大好きアピールをしていたりするんです。ほんのちょっとの仕草ですので、注意深く観察しないと見つけにくいのですが「大好き」のサインを発見できたら飼い主さんとしても嬉しくなると思われます。ぜひ見つけてみましょう。

1. ゴロゴロ音を鳴らす

気持ちよさそうに目を閉じている猫

一番定番で知れ渡っている仕草が、この「ゴロゴロ鳴らす」ことではないでしょうか。信頼のおける安心感のある飼い主さんの前でしか見られません。ある部分を撫でてあげるとより安心感をおぼえるので、ゴロゴロ音を鳴らしやすくなるのですが、その撫でるスポットは猫ちゃんによって異なります。

飼い主さんとの日々の生活の中で、ぜひそのスポットを見つけてあげましょう。ここを撫でると一番喜んでくれるというポイントが必ずあるはずです。

2. しっぽをぴーんと立てる

しっぽを立てて歩いている猫

猫ちゃんが飼い主さんに向かって歩いてくる姿をよく観察してみてください。もししっぽをぴーんと真っすぐ上に立ててやってくるようであれば、猫ちゃんの方から好意や信頼を寄せている、機嫌が良いことを表します。野生の猫ちゃんではまず見られない光景です。

しっぽを立ててしまうと、自分を大きく見せることにつながりますので、より敵に発見されやすくなるリスクを含んでいるからです。飼い主さんとの生活ならではの光景でもありますので、ぜひ確認してみましょう。

3. ぺろぺろ舐める

人の手を舐める猫

猫ちゃんは毛づくろいをよく行う生き物です。野生の中で匂いを消して敵から身を守りやすくなる効果もありますし、清潔にして雑菌などからも身を守る意味もあります。しかし、そんな猫ちゃんは飼い主さんの手や体を舐めるのであれば、それは信頼の証でもあります。自分のにおいをつけて「これは私のもの」というアピールを他の動物に向かって行っているのです。

私たち人間の嗅覚では到底分からないのですが、猫ちゃんたちの世界では把握できるそうです。飼い主さんが外出から帰宅されたあとに、猫ちゃんにとって好ましくないにおいをとったりしています。

また飼い主さんの髪の毛をなめるのであれば、それは兄弟や親にあたる猫ちゃんにするのと同じように、毛づくろいをしてあげているのです。

まとめ

ヨルハ

猫ちゃんからはしっかりと大好きアピールが出ていても、それを発見できる飼い主さんでなければなりません。しっかりと覚えておきましょう。

スポンサーリンク