困った猫の「鳴き癖」対処法5つ

困った猫の「鳴き癖」対処法5つ

うちの猫、やたらと鳴くけどどうしたのかな?そんな不思議を感じたら、それは鳴き癖かもしれません。様々な原因によってたくさん鳴くことがあるのです。適切に対処していけば治すことができます。チェックしていきましょう。

1110view

1. 原因を確かめる

鳴いている猫

猫の鳴き癖に困った時はまず、なぜ鳴いているのか原因を突き止めましょう。寂しい、遊んで欲しい、具合が悪いなど様々な理由があります。猫と直接話ができるわけではありませんので、どういう場面で良く鳴くのかをチェックして推測してみましょう。

原因が分からないことには対処もできません。間違った方法で対応してしまうと、こじれてしまう可能性もありますので必ず確かめてください。

2. とにかく無視

何かを訴えている猫

ただ甘えて鳴いている場合は無視することが必要です。可哀想と思いますが鳴く度に応じているとそれが当たり前だと思ってしまいます。鳴けば飼い主さんが相手にしてくれると覚えてしまうのです。

するとちょっとでも寂しいと思えば鳴き、構って欲しければ鳴きと際限なく鳴くように。こうなると対応する飼い主さんの方も大変です。猫が鳴いても必要な時だけ対応し、後は無視するように努めましょう。

3. 不妊手術をする

術後の猫

発情期で鳴いていることもあります。鳴き癖とまではいかないかもしれませんが大きな声を発するので近所迷惑となってしまう場合があります。また鳴き声だけでなく相手を求めて脱走するリスクも。

繁殖を考えていないのなら、不妊手術を受けて貰った方が良いかもしれません。せっかく産まれても飼い主が見つからずに殺処分されていく猫を減らすことにも繋がります。じっくり考えましょう。

4. 天罰を与える

スプレー

甘え鳴きの場合、天罰を与える方法も。水の入ったスプレーを吹きかけるのです。その際、飼い主さんがやっていると猫に気づかれないように。信頼関係にヒビが入る可能性があります。

鳴くと水がかかって嫌な思いをする、と覚えて貰う方法です。根気良く続けて行けばいつか分かってくれるでしょう。この方法でもし猫が強すぎるストレスを感じているのなら、やらない方が無難です。その場合は無視をする手段に切り替えましょう。

5. たくさん遊ぶ

遊んでいる猫

遊び足りないことが原因で鳴いているのなら、たくさん遊んであげましょう。それが一番の解決策です。大抵の猫は遊ぶのが大好きです。お気に入りのおもちゃで野生の本能を思い出させてあげてください。

もしどうしても遊ぶ時間がない場合は、猫が1匹で遊べるようにしてあげましょう。電動おもちゃもありますし小さなボールや蹴りぐるみなども適しています。猫好みのものを用意してあげてください。

まとめ

鳴く猫

猫の鳴き声は可愛いですが、過度になると飼い主さんが疲れてしまいます。元々良く鳴く性格、ということもありますがそこは原因をしっかりと把握して対処していきましょう。

スポンサーリンク