猫は体を濡らされるとどれぐらいのストレスを感じる?

猫は体を濡らされるとどれぐらいのストレスを感じる?

猫は水が苦手な動物として知られていますが、実際に体が濡れてしまうとどのくらい嫌がったりストレスが溜まったりしてしまうのでしょうか。また、猫が濡れるのを嫌がる理由についてお伝えしていきます。

1371view

猫は体が濡れるとどれくらいストレスを感じるの?

タオルに包まれた濡れた猫

水が苦手な猫は、体が濡れてしまうとどのくらいストレスを感じてしまうのか。結論から先にお伝えすると、酷い場合だと極度なストレスを感じるそうです。例えば毎日体が濡れる環境にいたり、体を濡らされたりすると、ストレスによって脱毛症や膀胱炎になることもあるのだとか。

ただ、こういったケースは極端な例となります。たまに体が濡れたくらいだと一時的にストレスを感じる程度の場合が多く「う~、濡れてしまって体が気持ち悪いにゃ……」と、猫が濡れた部分を気にするような素振りを見せたり、何度も自分で毛づくろいをしたりして不快感を取り除こうとすることが多いといえます。

また、少しずつ体が濡れるのに慣れることで、さほどストレスに感じない場合もあるみたいですね。とはいえ、体が濡れてしまうという事態は基本的に猫にとって不快なことだといえるでしょう。

体を濡らされたときの相手への反応

頭からシャワーをかけられている猫

では、ちょっとしたアクシデントで体が濡れてしまったのではなく、飼い主や人に体を濡らされてしまうと猫はどんな反応を見せるのでしょうか。基本的には嫌がって全速力で逃げることが多いそうです。際に愛猫の体を洗おうと思って水をかけたとき、愛猫が足を空回りさせる勢いで逃げた、といった経験をもつ飼い主はいるのではないでしょうか。

いきなり苦手な水をかけられると猫はストレスと恐怖、不安を感じることがほとんどとなります。たとえ信頼関係が築けていたとしても、無理やり水をかけて猫をシャンプーしようとすると信頼関係が崩れてしまったり、シャンプーを行う場所を怖がったりするようになるので気をつけてくださいね。

基本的にシャンプー不要

猫は基本的に、シャンプーをしなくても大丈夫な動物となるので無理に体を洗う必要はありません。もし、愛猫の体の汚れが気になった場合は、濡れたタオルや水を使わないシャンプーなどを使ってあげると良いと思いますよ。

どうしてもシャンプーをしたい場合は、信頼関係が崩れたりストレスを感じさせたりしないよう、時間をかけながら少しずつ水に慣れさせていくことをおススメします。

猫は本能によって濡れるのを嫌がる

水辺で遊ぶ子供と猫

そもそも猫は、なぜ水が怖いと感じたり体が濡れるのを嫌がったりするのでしょう。理由としては『本能』が大きく関係しています。

猫の祖先となるキジトラ柄の『リビアヤマネコ』は砂漠地帯に生息していて、体が濡れることに対して耐性があまりなく、濡れることを嫌う傾向にありました。

また、砂漠地帯は寒暖の差が激しいため体が濡れてしまうと、気温が下がったときに体温が急激に下がり体力を失いやすくなるので、命を危険にさらさないため本能的に濡れるのを嫌がっていたといわれています。そういった猫の祖先の習性や本能が、現在の猫にも名残として受け継がれているそうです。

毛質の特徴

また、猫の被毛は油分が少ないので濡れてしまうと水をはじかずに、被毛がペッタリと濡れてしまい渇きにくいという特徴もあり、猫は体が濡れると不快さや違和感を抱き、苦痛に感じることがよくあるそうです。このような理由から、猫は水に濡れると嫌がったりストレスを感じたりしてしまう場合が多いといわれています。

まとめ

水に手を入れて驚く猫

水が大好きな猫もいますが、基本的に猫は水が苦手となり頻繁に体が濡れてしまうと少なからずストレスを感じてしまうといえるでしょう。

また無理に体を濡らすと、信頼関係が崩れたり猫が水に対して過度な恐怖感を抱いたりすることになるので、嫌がる場合はできる限り、体を濡らさないようにしてあげてくださいね。

スポンサーリンク