会話は成立する?!猫が使い分けている鳴き方5つ

会話は成立する?!猫が使い分けている鳴き方5つ

猫の鳴き声といったら「ニャーン」という声を思い浮かべる人が多いと思いますが、猫は他にもさまざまな鳴き声を出すことができます。猫はどのような鳴き方を、どのようなシーンで使い分けているのか、本記事で詳しく解説していきましょう。

1111view

猫の鳴き声にはきちんと意味がある!

何かを訴えている猫

「ニャーン」「シャー!」「ゴロゴロ」など、猫はさまざまな鳴き声を出すことができます。そして、このようなさまざまな鳴き声には、きちんとした意味があるのです。

それぞれの鳴き声について知識をつければ、猫が今どんな気持ちを感じているのか知ることができ、猫と上手にコミュニケーションをとることができます。今回は、猫がどのように鳴き声を使い分けているのか、鳴き声の種類別に詳しく紹介していきましょう。

1. 「ニャーン」という鳴き方をしている時は…?

何かを訴えている猫

「ニャーン」といったように、高い声で鳴いている場合は、甘えたい気持ちを表現していたり、何かの要求をしている可能性が考えられます。

「飼い主さんに構ってもらいたい」「お腹が空いた」「猫用トイレが汚れたので掃除してほしい」など、何かしらのリクエストを訴えている可能性が高いので、必要に応じて対応してあげましょう。

2. 「ニャッ」という鳴き方をしている時は…?

何かを訴えている猫

「ニャーン」といった長く伸ばした鳴き方ではなく、短く「ニャッ」と鳴いている場合は、仲間に挨拶をしている可能性が高いです。

猫は好意を抱いている仲間たちに対して、挨拶代わりに「ニャッ」と鳴くことがあります。猫同士でこのように鳴いて挨拶することもありますし、大好きな飼い主さんに対して、このように挨拶することもあるのです。

3. 「シャー!」「フー!」「ウー!」という鳴き方をしている時は…?

威嚇する猫

「シャー!」「フー!」「ウー!」といった鳴き方をしている時は、何かを警戒していたり、機嫌が悪い可能性が高いです。

特に、自分の縄張りに得体の知れない相手や嫌いな相手が侵入してきた時は、このような鳴き方をして「早く出ていってくれ!」とアピールする傾向にあるのです。

もし、猫がこのような鳴き方をしている場合は機嫌が悪い可能性が高いので、あまり近くに寄らずにそっと遠くから見守ることをおすすめします。

4. 「カカカカッ」という鳴き方をしている時は…?

窓の外を見る猫

鳥や虫やねずみといった獲物が猫の近くにいる時に、興奮しながら「カカカカッ」と鳴くことがあります。

獲物を捕まえたくて仕方ない気持ちを抱えている時や、窓の外などに獲物がいて捕まえたいのに捕まえられない時に、このような鳴き方をすることがあるのです。

5. 「ゴロゴロ」という鳴き方をしている時は…?

ゴロゴロ鳴く猫

喉を「ゴロゴロ」と鳴らしている時は、甘えたい気持ちやリラックスしている気持ちを表現している可能性が高いです。

子猫が母猫に「自分はここにいるよ」「母乳をもらって満足しているよ」という気持ちを伝える時に、このような鳴き方をすることが多いのです。そして、成猫になってからも子猫の時のなごりで、甘えたい時やリラックスしている時に「ゴロゴロ」と鳴く傾向にあります。

まとめ

みーこ

猫はさまざまな鳴き声を使い分けて、周りの動物や人間に自分の気持ちを伝えようとしています。猫を飼っている人や猫と触れ合う機会がある人は、ぜひ猫の鳴き声に注目してみてはいかがでしょうか。

猫の気持ちが分かれば、コミュニケーションもとりやすくなるので、猫からの信頼を得やすくなりますよ!

スポンサーリンク