猫がお尻を気にしているときに考えられる原因5つ

猫がお尻を気にしているときに考えられる原因5つ

なんだか猫が頻繁にお尻を舐めている。そんな様子が見られたらちょっと気をつけた方が良いかもしれません。猫がお尻を気にする主な原因を5つ、挙げてみました。早速チェックしていきましょう。

688view

1. 肛門嚢の異常

お尻をチェックする猫

肛門嚢とは、猫の肛門の側にある分泌液を蓄えている器官。マーキングに使う液が入っています。この液体は通常であれば排泄時に、自然に肛門から出てきます。

ですが、肛門嚢から出ている管に詰まりがあると排出されずに、問題を引き起こしてしまうのです。主に「肛門嚢炎」という炎症が生じる事態になります。

酷くなると膿が溜まって、コブのようなものが出来てしまうことがありますので、猫がお尻を気にしていたら注意してあげましょう。お尻を床にこすり付けて移動する「お尻歩き」をしていたら、分泌液が溜まっている可能性が高いです。早めの対処をオススメします。

2. 寄生虫の可能性

お尻を気にする猫

猫がお尻を気にしている時はもしかしたら、寄生虫が体内に住んでいるかもしれません。野良猫はほぼ100%持っているので、保護した時は必ず動物病院へ連れて行きましょう。

人に移る可能性がゼロではありませんので、なるべく早く受診することをオススメします。室内飼いでもノミから瓜実条虫という寄生虫に感染する場合があります。この虫は肛門周りにくっついていたり、便に混じっていたりすることがあります。十分に気をつけましょう。

3. アトピー性皮膚炎

お尻が気になる猫

原因の一つとしてアトピー性皮膚炎が考えられます。皮膚にかゆみや赤みが出るので気になってしまうのでしょう。もしアトピーである場合は、1〜3歳の間に最初の症状が出ることが多いです。

肛門周辺以外に顔周辺や四肢、脇、内股にも症状が出てしまいます。アトピーに加えてアレルギー症状もある場合が。するとさらに痒みが増すので、よりお尻を気にすることになるでしょう。早めの受診をオススメします。

4. 便が付いている

トイレットペーパーと猫

肛門近くに排泄した便が付いてしまっているのかもしれません。特に長毛猫の場合、そのようになりやすいです。便が付いていると不潔ですし家の中が汚れてしまうことがありますので要注意。

肛門付近の被毛だけ短くカットしておくと予防になります。猫の便は匂いが尋常ではありませんので、なるべく付着してしまわないように注意しましょう。

5. 膀胱炎

トイレ中の猫

お尻を気にしているように見えて実は陰部を気にしている、ということも。膀胱炎が主な病気です。オス猫に多い病気です。もししきりに舐めているようだったら受診しましょう。放置しておくと急性腎不全となり命に関わる危険性があります。

舐めるとともに、排泄の状態にも異常が生じていることが多いでしょう。いつもよりトイレに行く回数が多い、排泄時に鳴く、血尿などが見られたら即受診するようにしてください。

まとめ

お尻を舐める猫

猫がお尻を気にしている時は深刻なケースが多いです。きっと苦痛を感じていますので早めに対処してあげてください。

異常に気がついてあげられるのは飼い主さんだけです。猫にとって頼りになるのはあなただけですので十分に配慮してあげましょう。

スポンサーリンク