効果的でストレスフリーな猫のダイエット法5つ

効果的でストレスフリーな猫のダイエット法5つ

猫のダイエットは、中々にして大変です。成功しづらいといわれているのですが、肥満は万病の元。太ってしまったのならやはり、痩せさせるのがベストな選択でしょう。猫がストレスを感じにくいダイエット法を使って、成功させましょう!

326view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1. 計画を立てる

邪魔する子猫

ストレスフリーなダイエットを実現するにはまず、減量計画を立てましょう。急激に体重を減らすのは猫の体と精神に負担をかけてしまいますので、おすすめできません。

1週間で現在の体重の1~1.5%程度減るような計画を立てましょう。例えば6kgの猫を1kg減量させたい場合、週1.5%の減量と計算すると90g減らすことになります。1kgダイエットするには、約11ヶ月かかります。結構気長ですが、負担をかけない為にはこのくらいスローペースで良いでしょう。

焦らずゆっくりと、体重を減らせるようにしてください。

2. 食事でダイエット

ご飯と猫

猫にダイエットさせるとなると、食事管理が必須です。しっかりと与える量を決めます。食べさせるタイミングも大切です。毎日同じ時間に与えるのが理想です。小出しにして回数を増やす方がベター。

また、わざとフードを投げたりキャットタワーの上に置くなどして、猫の少しでも運動量を増やす工夫をしてみるのも良いでしょう。

3. 運動させる

遊ぶ猫

ダイエットで必要なのは、運動することです。1日の半分くらい寝て過ごす動物ですが、ついついダラダラと何もせずに過ごさせていませんか?猫も猫で室内飼いの快適さに甘んじて、食べては寝ての生活を繰り返してしまう場合が多いです。本能をすっかり忘れて…。

安心して暮らせるのは良いことなのですが、やはり最低でも1日1回は体を動かすのが理想です。飼い主さんがおもちゃなどで猫を遊びに誘い、運動させてあげてください。

ただシニア猫になってくると、遊びに興味を示さない場合が。そんな時は転がすとフードが出てくるようになっているおもちゃを使う方法があります。なるべく負担をかけないように体を動かす工夫が、必要です。

4. 体重測定

体重を量る猫

ダイエットを成功させる為には、体重測定が重要です。週に1度は測るようにして、進み具合を確かめましょう。0.1kgまで表示される体重計がおすすめです。人の赤ちゃん用のものが使いやすいです。

ダイエットの初期は体重が減るのが早く、そのうちゆっくりになります。減量スピードに合わせて、フードの量を調節しましょう。もしあまりにも減らない場合は、今与えているご飯の量より5~10%程度少なくする必要があるかもしれません。猫は犬と異なり、極端に量を減らすダイエットは肝臓に負担をかけるのでお勧めできません。量を減らすよりはカロリーを減らすほうが猫のダイエットにはお勧めです。かかりつけ医に相談しながら、検討していくと良いでしょう。

5. リバウンド防止

体重とにらめっこする猫

せっかくダイエットに成功したとしても、リバウンドしてしまったら今までの努力が無駄になります。防ぐ方法として、徐々にカロリーを増やしていくことです。2週間で1日の総カロリーを10%程度、上げていきましょう。

同時に体重計測も、継続して行います。ご飯をあげても体重が減らないカロリー量を調べましょう。それを基準に今後は体重の維持を目的として、愛猫と一緒に頑張っていきましょう。

まとめ

ダイエット中の猫

猫の体重管理は飼い主さんに責任があります。まず太らせないのが大切ですがもし肥満になってしまったら、しっかりとダイエットさせてあげましょう。それが猫の健康や長生きに繋がります。成功のカギを握るのは飼い主さんです!

スポンサーリンク