猫の免疫力を高める食べ物3選!どんな食事が猫を健康的にしてくれるの?

猫の免疫力を高める食べ物3選!どんな食事が猫を健康的にしてくれるの?

猫は大切な家族の一員ですから、飼い主さんなら誰でもできるだけ長生きし病気もせずに元気に暮らしてほしいと願うものです。そんな猫の健康を維持するためには私達人間と同様、毎日の食事内容がとても大切です。適切な食事をすることは肥満を防いだり、それに伴う免疫力の低下などのリスクを減らしてくれる効果が期待できるからです。そこで今回は猫の健康維持に役立つとされる免疫力を高める食べ物についてまとめてみました。

2376view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1. マグロ

魚を思い浮かべる猫

猫は肉食動物なので本来魚を食べる生き物ではありません。実際に猫にとって青魚を食べすぎることや、魚の生食なども食中毒になる危険性があると言われています。

健康に役立つ

しかしながらマグロは猫にとって必要な栄養素が豊富に含まれているため、猫の健康に役立つと考えられることも多いようです。マグロには猫に必要な豊富なたんぱく質が含まれている他、生活習慣病予防に役立つと言われているドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)なども含まれています。

肥満予防

また、低脂肪で低カロリーなので猫の肥満防止にも役立ちます。肥満は猫の免疫システムに異常を起こす引き金になると言われているため、免疫力を低下させ病気になるという流れを作らないために予防すべきものです。

このようにマグロには猫に嬉しい栄養素が含まれており、かつ肥満を引き起こしにくい食材であるため、猫の常食になる総合栄養食と呼ばれている猫用フードにもよく使われている食材です。

ちなみに総合栄養食とは、このフードと水だけで猫に必要な一日の栄養素がまかなえる製品のことで、一般食という副食(おかず)のように扱われるフードとは異なるものです。

2. 鶏肉

餌を食べる猫

鶏肉もマグロと同様にたんぱく質が豊富な食材であり、かつ低カロリーなので猫に良いとされる食材の一つです。野生下でも猫は鳥を狩猟して食べますからそういった点でも猫の本来の食事に近いと言えるかもしれません。

リンが豊富

鶏肉には部位によって栄養の違いはありますが、猫の骨や歯、皮膚を正常に保ってくれるリンという成分が豊富に含まれていたり、セレンという動脈硬化、ガン予防、老化防止に役立ってくれる栄養素が含有されていたりもします。

鶏肉はフードになっているタイプを食べさせることも可能ですが、生食でなくきちんと加熱したものをそのまま食べさせることもできます。生はサルモネラ菌や大腸菌がいる可能性があり危険です。

また、加熱した鶏肉はその独特のにおいにより、食事量の減っている猫の食欲増進に繋がることもあります。

栄養豊富で低カロリー

このように鶏肉は栄養素も豊富で低カロリーのため、健康な体を維持しつつ肥満にもなりにくいとても嬉しい食材と言えます。栄養がしっかり摂れて、太りにくいことは病気にもなりづらくそれは=免疫力を強くするということにも繋がるでしょう。

注意点

しかしながら鶏肉を食べさせるにあたっては、いくつか気をつけなくてはいけないところもあます。

例えばいくら低カロリーだからといって食べさせ過ぎることはやはり肥満に繋がりますし、腎臓病などの持病がある猫にはたんぱく質が逆効果となり症状を悪化させてしまう。猫が鶏肉アレルギーを体質として持っている場合もあるなどの注意点もあります。

また、鶏肉を使ったフードの中には粗悪な品質の物を使っている物もあるようなので、猫に鶏肉を与える際は、使われている肉の品質が良い商品、きちんとなんの肉かどこの部位かはっきり記載されている物や、一度に与える量、アレルギーがあることを考慮して最初は少量だけあげるなどの点にも、十分気をつけてあげるべきでしょう。

3. 牛肉

牛肉を見る猫

猫は肉食動物なので牛肉を食べても問題はありません。牛肉にはたんぱく質の他にもビタミンA、ナトリウム、リン、カリウム、脂質など猫の健康に役立つ栄養が豊富に含まれています。

また、牛肉に関しては他の肉に比べ菌が少ないということから生で与える場合もあり、牛の生食のメリットとしては、生肉を食べるという肉食動物本来の食事方法をすることで、生命力を高めやすいと言われています。

注意点

反対にデメリットとしては、いくら牛肉が他の肉より生で食べられるといっても新鮮な物でなくてはやはり危険性もあり、細菌性の胃腸炎を引き起こしたりする可能性もあるということです。

他にも体調の悪い猫も生食は避けてください。このような心配がある場合、生よりは栄養素が落ちるかもしれませんが加熱して食すほうが安全と言えるでしょう。この際には油、塩などの調味料は一切使用しないようにしましょう。

さらに牛肉はその部位によっては脂肪分の量が多く、それが肥満に繋がったり、場合によっては猫の健康に逆効果になってしまうことがあります。

主食には不向きな面が

このように牛肉は本来、栄養的にも猫に嬉しい成分を多く含んでおり、肉食動物本来の生命力を刺激してくれる食材ですが、そのものを毎日主食として摂取するのには不向きであり栄養過多になったり、栄養バランスが崩れる可能性も高いです。

牛肉は猫の食欲を刺激して健康にしてくれるというメリットもある食材ですが、あくまで基本のフード以外の副食やおやつとして時々食べさせる、という感覚でいた方が良いと言えるでしょう。

まとめ

ラブ

いかがでしたか?猫を健康で元気にする食べ物=免疫力アップに繋がる食材には、様々な物がありましたね。近年では猫のフードの改良も進み、総合栄養食を主食としていれば他の食材を無理にあげる必要はないとも言われます。

しかしながら、猫も毎日同じフードばかりでは飽きてしまうこともありますし、フードでなく直接お肉を食べることは本能を刺激し元気にも繋がります。生はよほど新鮮なものでない限りは与えない方が無難です。また、フード選ぶ場合にもどんな食材が猫の健康に役立つのかどうか、知っておくとチョイスがしやすいでしょう。

その際には、添加物や防腐剤など猫の健康に害となる成分をできる限り含まない物も、同時に選ぶようにしましょう。ぜひいろいろな食材を活用して、猫ちゃんの健康に役立ててみてくださいね。

スポンサーリンク