猫が外に出るのを怖がる心理5選

猫が外に出るのを怖がる心理5選

家の外へ脱走を試みる猫がいますが、反対に外を怖がる猫がいます。猫がお散歩やお出かけを怖がるため、諦めた飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。なぜ、外を怖がるのか猫の心理をご紹介します。

915view

1. 自分の縄張りから出たくない

窓から外を見る猫の後ろ姿

猫は縄張りをとても大切にします。それはネズミやトカゲなどの食糧を確保するためです。室内で生活する猫は、飼い主さんにごはんを与えてもらっていますが、家の中は大切な縄張りです。決まった時間になると家の中を歩いたり、窓から外を眺めたりしてパトロールをしています。

そのため、外に出ることは嫌だと感じるようです。中には飼い主さんが外出しようとすると、玄関から出ようとするので、リードをつけて散歩に挑戦してもらったところ、結局玄関から動かなかったという猫もいます。

生まれたときから室内でしか生活したことがない猫は、狩りの仕方を知らないため外に出ようとしなかったり、そもそも外に興味がなかったりする場合もありますが、縄張りではない知らない場所へ出るのが怖いこともあります。

2. 外で怖い経験をした

開いている窓から身を乗り出す猫

外で暮らした経験がある猫や脱走したことがある猫は、また捨てられてしまう、車が怖かった、ほかの猫のテリトリーに入って追いかけられたなど、恐怖に感じる経験をしている可能性があります。そういった経験があるため、外に出るのをとても怖がることがあります。

また、キャリーに入れられて車に乗せられ、到着した場所が動物病院だったため「外に出る→動物病院→外は嫌だ、怖い」となってしまっていることもあります。

3. 大人になり経験が増えたから

リビングで伏せているメインクーン

子猫の頃にはハーネスやリードをつけて外へ散歩に連れていっても平気だったのに、大人になると外を怖がることがあります。子猫の頃は外の世界に興味津々、好奇心旺盛、遊び盛りで怖いものがないのでしょう。

しかし、大人になるにつれていろいろな経験をして、トラウマになる出来事なども体験することで、怖いと感じることが増えていき、外も怖いと思うようになったのかもしれません。

4. 車など外の大きな音が怖い

道路に車が走る町の風景

猫は環境が変わることが苦手です。「家の外に出る」ことが普段と違うため、怖いと感じるのでしょう。また、大きな音も苦手です。外には車やバイクなど大きな音がするものがたくさんあります。

散歩やお出かけに無理に猫を連れていくと、大きな音にびっくりしてパニックになり、脱走してしまうことがあります。

5. 性格

寄り添って座る2匹の子猫

猫の生まれ持った性格による場合もあります。怖がりな、警戒心が強いなどの性格の猫は室内での生活が安心だと覚えてしまえば外を怖がるのかもしれません。

まとめ

サク

猫にリードをつけて散歩しようとしたり、お出かけをしようとしたりしたときに、外を怖がってしまうことがあります。

喜んで外へ行くのかと思ったのに、怖がってしまうのは猫が縄張りを大切にする生き物だからです。

また、過去の経験や外から聞こえる大きな音、怖がりな性格などが影響している可能性があります。猫が外を怖がったら、無理に連れ出さずに安心できる環境で生活させてあげましょう。

スポンサーリンク