猫が鳴きながら飼い主に寄ってくる時の心理5選

猫が鳴きながら飼い主に寄ってくる時の心理5選

「ニャー」と鳴きながら近づいてくる愛猫。そこにはどのような思いが込められているのでしょうか?今回は、鳴きながら飼い主さんの元へとやってくる猫の気持ちについて掘り下げてみたいと思います。

3154view

鳴きながら近づいてくる猫の気持ち

キャットタワーの上で訴えるように鳴く子猫

猫は物静かなイメージがありますが、意外と鳴いてアピールすることがあります。飼い主さんに対して、鳴きながら近づいてくるときの猫はどのような気持ちを伝えたいのでしょうか?ここでは、鳴きながら寄ってくる猫の心境を5つご紹介いたします。

1. 構ってほしい・遊んでほしい

仰向けになって毛糸玉で遊ぶ猫

猫は一人遊びが得意な動物です。お気に入りのおもちゃがあれば、黙々と遊ぶことができます。でも、やっぱり大好きな飼い主さんと一緒に遊ぶことは別格です。遊んでもらうことでストレス発散にもなり、良い運動になります。

鳴いて寄ってくると同時におもちゃを持ってきた場合は、遊んでほしいと訴えています。また、おもちゃを保管している場所まで誘導することもあります。手が空いているのであれば、できる限り相手になってあげましょう。猫はほんの数分程度で満足します。スリスリしてくる場合は、撫でてあげると喜ぶでしょう。

2. トイレを掃除してほしい

猫用トイレの中から顔を出す子猫

猫は本能的に汚いトイレを嫌がります。砂が排泄物でいっぱいになった状態では、トイレを心地よく使うことができません。まめに掃除をしているつもりでも、つい忘れてしまうということもあるでしょう。愛猫が何度も鳴いて訴えてくる場合は、トイレのチェックをしてみましょう。

ちなみに、トイレに行くたびに「ニャー」と鳴いておしりを見せてくる猫がいます。これは、子猫気分で「おしりを綺麗にして」と要求しているサインです。飼い主さんを母猫のように思っているのです。実際に拭かなくても大丈夫ですが、おしりを見て「上手にできたね」と褒めながら撫でてあげると喜びます。

3. ご飯が欲しい

寝転んで食事を想像して大きく口を開ける猫

空腹を知らせる合図や、食いしん坊の猫はおやつのおねだりとしても鳴いて近づいてきます。とても可愛らしい光景です。実際に食事時であればご飯を用意してあげましょう。ただし、鳴かれるたびにおやつを食べさせることはおすすめできません。

猫は学習能力がとても高く、鳴けばおやつがもらえると簡単に理解できるようになります。そしてその要求がエスカレートしてしまい、ゆくゆくは肥満の原因に繋がってしまいます。間食を取り入れる際には鳴いているタイミングを避け、静かにしているときにしましょう。

4. 甘えたい

こちらを見つめて鳴くスコティッシュフォールド

猫は一緒に暮らしてみると、意外と甘えっ子で驚く飼い主さんも多いのではないでしょうか?あくまでも猫のタイミングでという部分は犬と異なりますが、猫も飼い主さんに甘えたいという気持ちを持っています。

膝の上に乗りたいときも、甘えた声で鳴きながらよってくることがあります。構ってほしいときと同様に、手が空いていれば付き合ってあげてください。無理な場合は「後でね」と一言、伝えるようにしましょう。

5. 鳴き方が激しい場合は体調不良の可能性も

獣医師の診察を受ける猫

同じ「鳴く」でも、明らかに異様な鳴き方をすることがあります。さらに鳴き方自体は普通でも、愛猫と毎日一緒にいる飼い主さんにしか分からない微妙な異変を感じることもあるかもしれません。

これらは不調のサインである可能性があります。鳴き方がおかしいと感じたら、全身をくまなくチェックしてみてください。触れられて極端に嫌がる場所がある、歩き方に違和感があるなど、所見があれば動物病院を受診するようにしましょう。

まとめ

うに

猫が鳴いて寄ってくる姿はとても可愛らしいものです。直接会話をすることはできませんが、鳴いている声に耳を傾けてみましょう。そこには愛猫の様々な思いが込められています。

スポンサーリンク