猫がゴロゴロ大きい音で喉を鳴らすことの意味

猫がゴロゴロ大きい音で喉を鳴らすことの意味

猫のゴロゴロ音が大きい時ってありませんか?猫好きにとっては、猫のゴロゴロ音はたまらなく癒される音ですよね。猫が喉をゴロゴロと大きい音で鳴らしているのは、どんな意味があるのでしょうか?猫の大きいゴロゴロ音の仕組みや意味についてご紹介します。

3782view

猫のゴロゴロ音は高さで意味が違う

喉を撫でられる猫

猫がゴロゴロと喉を鳴らす仕組みは未だにはっきりしていません。ただし、猫がゴロゴロと大きい音で喉を鳴らすのには意味があるようで、他の猫や飼い主さんに対しての何らかのサインであることもあります。そして、ゴロゴロ音の周波数によっても意味が違ってくると考えられています。

ゴロゴロ音が高い場合

ゴロゴロ音が高い時には、猫は何らかの要求をしている時だと考えられます。猫が大きいゴロゴロ音を出しながら飼い主さんの手などを噛むような時には、ごはんが欲しい、遊んで欲しい、撫でて欲しいなどの要求をしているのかも知れません。

また長時間の留守番をしていた飼い主さんが帰ってきた時にも、高くて大きいゴロゴロ音を出しながら出迎えることもあります。こちらも、ずっと寂しくて色々とあった欲求を満たしてもらおうという気持ちの現れからくるゴロゴロ音だと考えられます。

猫がゴロゴロ言い過ぎたり、大きいゴロゴロを出していたりする時には、なかなか欲求が満たされていない状態なのかも知れません。

ゴロゴロ音が低い場合

ゴロゴロ音が低い時には、猫は幸せを感じていて満足しているために、自然に出ていると考えられます。大きい音のこともあれば、小さい音のこともあります。例えば飼い主さんの膝の上にいて、撫でると大きいゴロゴロ音を出してきたという時には、その状況に満足しているということです。

猫が大きいゴロゴロ音を出しながらごろんと転がるなどしている時には、日向ぼっこやお昼寝している時で、リラックスして気分が良いという意味だと考えられます。もし猫を迎えた時、家で過ごす初日からずっと低めのゴロゴロ音を出していたら、環境に慣れた、安心した、という意味かも知れません。

猫のゴロゴロ音が大きいのはなぜ?

母猫と子猫

猫のゴロゴロ音の仕組みはわかっていませんが、喉頭の筋肉が細かく痙攣して、声門を振動させることで鳴っているという説が有力です。

猫が大きくゴロゴロ言う理由

  • 体や筋肉が大きい
  • 伝えたい気持ちが大きい

このため、猫の筋肉の状態や、体の健康さ、体の大きさなどによっても、猫のゴロゴロ音が大きいかどうかは変わってくると言えるでしょう。

また、猫はゴロゴロ音を出すことで相手に何かを伝えようとしている場合もあり、その際には大きいゴロゴロ音になるとも考えられます。

猫のゴロゴロ音は、25デシベル程度だと言われています。これには猫の個体差があり、25デシベルより低くてなかなか聞こえない程度の猫もいれば、25デシベルを超える大きいゴロゴロ音を出せる猫も存在します。

人間の普通に聞き取れる会話の大きさが40〜60デシベルほどだと言われていますので、猫のゴロゴロ音が大きいといっても、ある程度静かな時か、猫に近づいた時でないとはっきりとは聞こえないことが多いでしょう。

世界一ゴロゴロ音が大きい猫マーリン

横たわる大きな猫

25デシベルをはるかに超える大きいゴロゴロ音を出す猫、マーリンをご紹介します。

マーリンが大きいゴロゴロ音を出している動画です。

イギリスで保護施設から引き取られた猫のマーリンは、67.8デシベルの大きいゴロゴロ音を出したことでギネス世界一に登録されました。マーリンは、一般的な猫のゴロゴロ音の2.5から3倍の大きいゴロゴロ音を出していることになります。

掃除機や食器洗い機の音が70デシベルほどなので、時にはそれらと同じくらいか、もっと大きいゴロゴロ音をマーリンは出せるということです。飼い主のトレイシーさんによると、テレビを見ていてもドライヤーを使っていても、マーリンの大きいゴロゴロ音が聞こえるほどだとのこと。

主にリラックスしたり、安心したりしている時に出ると言われる猫のゴロゴロ音ですから、大きいゴロゴロ音は、マーリンがとても幸せを感じている証拠だと言えるでしょう。

猫のゴロゴロ音がいつでも聞ける!アプリとサイトをご紹介

頭を撫でられる猫

猫のゴロゴロ音を聞いて癒されたり、治療に使ったりするセラピーがフランスで存在します。確かに猫のゴロゴロ音には癒される猫好きが多いと考えられますが、科学的にもゴロゴロ音の効果はあるようです。

猫のゴロゴロ音の周波数は20 Hz から50 Hzの低周波で、一般的には26Hz前後の音を出しているそうです。このゴロゴロ音の音域には、人間の体の緊張をほぐしてくれる、副交感神経を優位に立たせるという効果があることがわかっています。

さらに低周波には、人が幸せを感じるホルモンだという、セロトニンを分泌させる効果があると言われています。つまり猫のゴロゴロ音を聞くことで、人間のストレス解消につながったり、自律神経を整えて、免疫力を上げたりする効果も期待できるということなのです。

この猫の大きいゴロゴロ音がいつでも大きい音量で聞けるようなサイトやアプリも存在しています。

猫のゴロゴロ音をずっと聞いていられるウェブサイト

purrとは、英語で猫のゴロゴロ鳴く様子を言います。このウェブサイトにアクセスすると、いきなり猫のゴロゴロ音が聴けます。このページにアクセスしていれば、猫のゴロゴロ音がずっと鳴っています。猫のゴロゴロ音を大きい音で聞くこともできますし、時折、にゃーという猫の鳴き声も入るので、猫好きにとっては癒されるサイトです。

さらに、音楽を聞いていてイコライザを調整するように、猫のゴロゴロ音も調整できます。例えば、SleepyとHappyのところでは、Happyに行くほどゴロゴロ音の速度が早くなります。その他の項目もスライダーを動かしてみて、好みのゴロゴロ音を作ってみてください。

猫のゴロゴロ音を聞きながら寝られるアプリ

猫の鳴き声で起きられるだけでなく、寝る時には子猫のゴロゴロ音を聴きながら眠ることができるというアプリです。アラームをセットすると、寝る時のおやすみ音楽として、子猫のゴロゴロ音が聴けるようになっています。最大30分の時間が決められるタイマーがついているので、ゴロゴロ音を聴きながら眠って大丈夫です。

猫がゴロゴロ喉を鳴らす理由

喉を撫でられる長毛の猫

猫が大きいゴロゴロ音を鳴らす理由として考えられるものはいくつかあります。子猫時代、母猫といる時に自分の居場所を知らせたり、安心していることを伝えるためにゴロゴロ音を出していた名残で成猫になってもゴロゴロ音を出すという場合。

単純に機嫌が良く、嬉しい時や、リラックスして満足していると、ゴロゴロ音を出してしまうという場合。飼い主や相手に対して、自分の要求がある場合、ゴロゴロ音が出てしまうという場合。また、相手に対して何か不満を持っている場合にもゴロゴロ音を出すことがあります。

さらに、痛みや不快感があるなど、体の調子が悪い時にも、猫がゴロゴロ音を出して、体の回復を待っている場合があると言われています。これらの猫のゴロゴロ音は、大きいものや小さいもの、高い音や小さいものなど、猫の体によっての個体差があるほか、猫がゴロゴロ音を出す状況によっても音の高さが変わってきます。

まとめ

お腹を見せてリラックスしている猫

猫の大きいゴロゴロ音には、猫の子猫時代の名残であったり、何か要求がある場合であったりするという理由で、幸せを感じている時というのが有力です。また、体の具合が悪い時にもゴロゴロ音を出す可能性があることがわかってきています。

猫のゴロゴロ音が大きい場合の多くは、リラックスしたり幸せを感じていたりすることが多いので、ゴロゴロ音を聞いている方も癒されるのかも知れませんね。