猫がそばに来て座っているときの気持ち5つ

猫がそばに来て座っているときの気持ち5つ

なぜか猫がそばに来て座っている時、ありませんか?見守られているような見張られているような、そんな気持ちになります。では一体猫の方はどんなつもりでいるのでしょう?飼い主さんのそばに座っている時の気持ちを深堀りしてみました。

4387view

1. 安心する

ホッとしている猫

飼い主さんのそばにいると安心!という思いがあるに違いありません。猫にとっては自分を保護してお世話してくれる存在。何かあった時、守ってくれると感じているのでしょう。

ですからいつもできるだけそばにいたいと思っているのかも。飼い主さんの近くなら無防備に寝ていても安心だし、リラックスできると感じているのでしょう。

2. 信頼しているから

飼い主さんを信頼する猫

信頼しているからこそ、飼い主さんのそばにいるのでしょう。「この人なら危険はないにゃん」とすっかり安心しきっています。そしてリラックスタイムを満喫。場合によってはお腹を見せて寝てしまうかも。

そもそも警戒心の強い猫は、信頼していない人のそばには近寄よりません。そばに寄ってくるということはそれだけで信頼の証なのです。気がつくと猫が近くに座っているなら、間違いありません。

3. 要求がある

飼い主さんを見つめる猫

ご飯が欲しい、トイレ掃除をして欲しいなど何かしらの要求がある為にそばに座ることも。その場合じ〜っと見つめてくることが多いでしょう。そして要求が叶えられるまでそばを動きません。ただひたすら無言で飼い主さんを見つめて、圧をかけてきます。

猫との根比べになりそうですが必要なことなら叶えてあげてください。もちろんご飯を食べすぎならば与えすぎは良くありませんのでご注意を。猫の可愛い圧に負けてしまわないようにしてください。

4. 存在をアピールしたい

存在をアピールしている猫

自分の存在をアピールしたくて、わざとそばに座ることも。その場合は飼い主さんの視界に入るような場所に座ってくるでしょう。目の前のパソコンの前に陣取ることすらあります。「邪魔猫」という現象ですね。

これは飼い主さんの意識が自分に向いていない為、こちらを向いて貰おうとしてとる行動だそうです。少し構ってあげると満足してくれるようなので、忙しくてもちょっとだけ時間をとってあげると良いでしょう。

5. 猫の集会をしている

飼い主さんと猫の集会中

猫は飼い主さんのことを同じ猫だと思っているフシがあるそうです。ある動物学者のお話から。猫に対する態度と人に対する態度に違いがないことから、このような結論に辿り着いたのだとか。

つまり飼い主さんのそばに座っているのは、もしかしたら猫の集会をしている気分なのかもしれません。夜な夜な猫たちが集まって開催する、例のアレです。一説には顔合わせだといわれていますがその真意は明らかにされていません。

ですから飼い主さんと共に集会しているというのも、あながち間違っていないのではないでしょうか。

まとめ

ららまる

猫がそばに座っていてくれると嬉しくなります。自分を信頼してくれているという気持ちなら、なおさらです。要求がある、存在をアピールしているなど猫の欲求の時もあるようですが、それも可愛いらしいですね。

もし本当に猫の集会をしているのなら、飼い主さんも猫になった気分で参加してみるのも楽しいでしょう。一緒の暮らしを満喫する為、彼らの気持ちを知ることは重要です。今どんな気分なのか想像してみてください!きっと新たな発見があるはずです。

スポンサーリンク