猫が飼い主の隣に座る5つの気持ち

猫が飼い主の隣に座る5つの気持ち

猫は一日の中で、座って休んでいる時間が長いです。どこに座るかは、猫にとっても重要ポイントでしょう。飼い主の隣に座る時、猫はどんな心理なのでしょう?どうしてたくさんある座り場所の中でわざわざ飼い主の隣を選んだのか、その謎に迫ってみました。

8950view

どうして?猫が飼い主の隣に座る心理

子猫を撫でている女の子

なぜ猫は、飼い主の隣に座るのでしょうか?

1.信頼しているから

女性に抱かれている猫

信頼している大好きな飼い主だから隣に座ります。にゃんとも可愛くて、健気な行動ではないですか!そんな猫の気持ちを知ったらギュッとしたくなりますね。

猫が飼い主の隣に座るということは、嫌われているということはまず考えられません。猫は信頼していない人には近づかないからです。

ですから猫が隣に座ってきたら猫に好かれている、という自信を持ちましょう!

2.フィット感のある枕だから

眠る飼い主の背中でくつろぐ猫

飼い主の体が、これまたフィット感抜群の柔らか枕だと思っているかも。もちろん信頼がある上での行動です。

寄りかかる猫の重みが何とも嬉しいじゃありませんか。動けないのが難点ですが、猫との幸せな時間を満喫できる瞬間でもあります。

このときの猫は完全に飼い主に心を許し、ラブラブな状態です。撫でてあげると喉をゴロゴロ言わせて喜んでくれるでしょう。

猫に触れることは飼い主側の幸せホルモンの分泌にも繋がりますので、心ゆくまで猫とのラブラブタイムを楽しみましょう。

3.暖を取っている

飼い主と一緒の布団で眠る猫

寒いので、飼い主の隣に座って暖を取っている可能性も。冬は時に、飼い主の体は猫の良い湯たんぽになります。大切な猫のため、喜んで体を提供してあげてください。

というのは冗談ですが、猫が寒いと感じているなら適度に温めてあげてください。毛布を敷くだけでも違いますし、猫用のヒーターやコタツを使ってあげても良いでしょう。あまりに寒いと、猫が体調を崩す原因にもなりますので気をつけてあげてください。

逆に温め過ぎは熱中症を誘発する危険性があるので、適度に猫が快適と感じる程度に、温かくしてあげましょう。

4.甘えている

女性に撫でられて嬉しそうな猫

子猫気分が抜けなくて、飼い主のことを母猫代わりと思い、甘えている場合もあります。子猫のときに去勢や避妊手術をした猫は、いつまでも精神的に子猫のままだと言います。

子猫はいつも母猫に寄り添っていますから、その気分が抜けずに隣に座っているのでしょう。かわいい…。

猫に母猫だと思われて頼りにされていますから、しっかりと守ってあげてくださいね!

5.離れたくないから

飼い主の足元で撫でられている猫

飼い主のことが大好き過ぎて、離れたくないと思っているのかも。特に甘えん坊な猫では、飼い主がどこに行ってもくっついて周り、飼い主が座ればその隣に座る、という行動をするでしょう。

かわいいのですが、あまりに度を越すと、今度は「分離不安症」という精神的な問題を抱えてしまう場合があります。

猫に甘えられるのは嬉しいですが、依存させ過ぎは猫のためになりません。ベタベタし過ぎず、適度な距離をとって接することも大切です。

でも甘えてくる猫は本当に可愛いですね。その可愛さに負けて、おやつをあげすぎないように、注意してくださいね!

まとめ

赤ちゃんに寄り添う猫

猫が飼い主の隣に座る心理、とても可愛いですね!

とにかく飼い主のことが大好きなのでしょう。でなければ、無防備に隣に座るなんて行動には出ないはずです。

猫と信頼という絆で繋がっているという事実は幸せなことです。その幸せを噛み締めて、日々を過ごしたいですね。