『絶対離さニャイ!』猫が飼い主に抱きつく心理5つ

『絶対離さニャイ!』猫が飼い主に抱きつく心理5つ

全ての猫がする訳ではありませんが、飼い主さんに抱きついてくることがあるようです。どうしてそんなことをするのでしょう?猫が「もう離さない!」とばかりに力いっぱい抱きついてくる時の心理を探ってみました。

2313view

1. 遊んで欲しい

女性に抱きつく猫

猫がモーレツに遊んで欲しい時に抱きついてくることがあります。溢れ出る気持ちが抑えられないのでしょう。どうしても遊んで欲しい!そう訴えながらギュッと抱きついてくるのです。

ここまでアピールされたら遊ばないわけにいきません。お気に入りのおもちゃで遊ぶと喜んでくれるでしょう。嬉しそうに目を輝かせながら駆け回る猫の姿を見て、飼い主さんも充実感を覚えるのではないでしょうか。

2. 甘えている

腕にしがみつく猫

甘えている時に抱きついてくる場合も。とても可愛らしい瞬間です。もしかしたら甘えん坊の猫なのかもしれません。ギュッと抱きついて離れない様子に飼い主さんもタジタジです。

動けなくなるので困る一面がありますが、ただでさえ可愛い猫に抱きつかれたら思わずほっこりしてしまいます。猫が甘えてくる時は思う存分甘えさせてあげると良いのではないでしょうか。抱きつかれ感を満喫しましょう。

3. 温かいから

男性に抱きつく猫

飼い主さんに抱きついていると温かいから、という理由も考えられます。当たり前ですが生き物同士がくっついているとぽかぽかします。冬なんかはお互いが良い湯たんぽ代わりに。

離れてしまうと寒いので、「絶対離さないにゃ!」とばかりにギュッと抱きついてくるのでしょう。振りほどこうとした際には叱られてしまうかもしれません。それでも無理やりに解くときっと恐ろしく冷たい視線で見られてしまうでしょう。

4. 母猫だと思っている

女性に抱きつく猫

飼い主さんのことを母猫だと勘違いして、抱きついているのかも。子猫は特に体温調節が下手なので、体温を保つため母猫や他の子猫にくっつく傾向があります。

いつも優しく面倒をみてくれる飼い主さんを母猫だと思っても無理はありません。子猫が寒そうにしていたら十分、温めてあげてください。小さければ小さいほど、低体温症になってしまう可能性が高まりますのでご注意を。

5. 自分の匂いを付けている

膝に抱きつく猫

飼い主さんから何か気に入らない匂いがする、または自分の匂いが全くしないので嫌、などの理由があって抱きつく可能性も。ガッチリと抱きつけばカッツリと匂い付けを行うことができます。

安心できるまでは離してくれないでしょう。それも猫と暮らしている運命です。甘んじて受け入れてください。

まとめ

まかろん

猫が抱きついてきてくれる。こんなに嬉しいことはありません。もしそうされたら動けなくなること必至です。どんな理由でも良いからガッチリと、抱きついてきて欲しいですね!

スポンサーリンク