猫が飼い主に抱きつく6つのシチュエーション

猫が飼い主に抱きつく6つのシチュエーション

たまにネット上で目にする、猫が飼い主にギュッと抱きついている光景。とても愛くるしいその様子に、心を撃ち抜かれてしまう飼い主は多いでしょう。どんな時、猫は飼い主に抱きつくのでしょうか?もう既に猫に抱きつかれている方も、猫に抱きついてほしい方も、必読です!

3676view

猫が飼い主に抱きつくシチュエーションとは?

抱きつく猫

猫が飼い主に抱きつく時は、どんなシチュエーションでしょうか?

1.甘えたい気分の時

抱っこされて女の子を見る猫

飼い主にメチャメチャ甘えたい気分の時、抱きつくようです。

眠い時や甘えスイッチが入ったシチュエーションで腕などに抱きつく猫は多いです。

飼い主が寝ている時に腕に抱きつかれ、そのまま離してくれない場合もあるのだとか。

嬉しいけれど、ちょっと困る猫の行動です。でもやっぱり可愛いですよね!

2.遊んでほしい時

抱っこされる灰色猫

遊びをせがむシチュエーションでも抱きついてくることが。

「やい、遊べ~!」とおねだりしています。とっても可愛いおねだりの仕方です。

こんな可愛くされたら断るのは至難の業ですね!

たくさん遊んであげて、猫と幸せな時間をお過ごしください。

3.寒い時

青い服の腕を掴む猫

寒いので、暖を取るために飼い主に抱きつく場合も。飼い主の体温は、猫にとってちょうど良い湯たんぽ代わりになります。

「寒いですにゃ!」こんな時は、飼い主にギュッと抱きつき離してくれないかもしれません。

冬に良くある動けないシチュエーションです。まぁちょっと幸せですけどね♪

4.匂い付け

ほ戸の手のひらで寝る猫

飼い主に自分の匂いを付けたくて、ギュッと抱きつく事も。

何か猫が気になる匂い、させてませんか?または猫自身の匂いが全くしないため、ナワバリである飼い主に懸命に匂い付けしている可能性も。

大抵の飼い主は猫の所有物ですから、いつも猫自身の匂いがしていないと安心できないのです。

飼い主に抱きついて匂い付けするのは儀式みたいなものですから甘んじて受けましょう。

そうすれば自身の匂いがぷんぷんする飼い主が側にいるので猫も安心してくれるでしょう。

5.獲物だと思っている

子猫が人に張り付く

飼い主の体の一部を、獲物だと思っている可能性もあります。

前足でギュッと抱きついて噛もうとし、後ろ足でケリケリしようしたりしていませんか?

あの痛~い攻撃は獲物を捕らえる時の動作です。いち早く逃げ出さないとキズだらけになってしまうかも。

囮となるおもちゃなどと素早く入れ替えるようにしてください。

でないと、流血騒ぎに…?

6.にゃんか不安

不抱っこされる茶色い猫

飼い主に出かけてほしくない時など、猫が何かしらの不安を感じていて、抱きつく事もあります。

可愛いですが、あまりに猫の不安が強い場合は「分離不安症」の可能性も。

飼い主と少しでも離れると過剰に不安を感じ、粗相や破壊行動など、問題となってしまう、精神的な症状の事です。

猫が分離不安になると、猫も飼い主も辛く大変になります。猫を飼い主に依存させ過ぎないよう日頃の接し方には注意しましょう。

心配ならば、かかりつけ医の受診を。

適切な治療を行い、猫を分離不安から解放してあげましょう!

まとめ

子どもに抱っこされる子猫

猫が飼い主に抱きつくシチュエーションには様々なものがありました。可愛いのはもちろん、分離不安というちょっと心配なものまでありましたね!

猫がどうして抱きついてくるのか?それを確認できるのは飼い主しかいません。

猫の気持ちを汲み取って、それにふさわしい対応をしてあげてくださいね!

人気のキーワード