猫が飼い主の顔に乗ってくる心理5つ

猫が飼い主の顔に乗ってくる心理5つ

ぐっすりと寝ていたのに何かもふっとしたものが突然顔面に来たら…?あなたはどうしますか。そのもふっとしたものはご存知のように「猫」です。なぜか顔の上に乗ってくる時の心理、まとめてみました。

1310view

1.甘えている

人に甘える猫

猫が飼い主さんにベタベタに甘えている為、顔に乗って来ます。母猫にでも甘えている気分なのでしょう。飼い主さんと一緒に寝る時も顔付近に寝る場合は甘えん坊だといわれています。

ですから上に乗るということは、相当甘えているのだと考えられます。乗っかられる方は息が苦しくなったり身動きが取れなくなったりするのでツラいのですが、猫はお構いなしです。

2.信頼感

人と寝る猫

信頼しているからこそ取る行動でもあります。まだ危険か安全なのか判断できない人の顔には、決して乗らないでしょう。猫なりの安全確認ができるまでは側に近寄ることもしません。

つまり顔に乗られるということは、信頼されていることは間違いありません。苦しいですが愛してあげてください。

3.存在の主張

人に抱えられる猫

「自分はここにいるんだ!」と主張したいという可能性もあります。よほど飼い主さんに認めて欲しいのでしょうか。顔に乗ればそれはもう確実に猫の存在を認めることになります。さすがに無視はできませんから…。

もしドカッと乗っかって来たらしっかりと、猫のことを認めてあげましょう。撫でたり声をかけたりすればきっと、満足してくれることでしょう。

4.遠慮がない

人の上に乗る猫

飼い主さんに対して遠慮がないので、物怖じせずに乗ってくるとも考えられます。まるで自分の所有物のように思っているのかもしれません。ナワバリだと認識されているかも。

飼い主さんからしてみれば、勝手にナワバリにされた上に無遠慮な振る舞いをされるので、たまったものではありませんね。でもちょっとだけ嬉しく思ってしまうのは、しもべ気質があるからでしょうか?

5.優越感に浸りたい

人の上に乗る猫

飼い主さんの顔の上に座って優越感に浸りたいという可能性も。「自分の方が上にゃん」と思っているのかもしれません。完全になめられてしまっているのでしょうか。

こうなったら飼い主の威厳を取り戻すしかありません。たまにはキツく当たって…なんてできる訳がないですね!

まとめ

サスケ

猫ってなぜか何かの上に座るのが大好きです。それがたとえたった1枚の紙だとしても。飼い主さんの顔の上は決して座り心地は良くなさそうですが、どうしてか魅力があるのかもしれません。

もし乗られたら避けますか?それともそのまま我慢しますか?どう対処するかで猫への貢献度が試されているかも…。というのは冗談です!我慢してしまう飼い主さんは多いですが、嫌な時ははっきりと意思表示することをオススメ致します。

スポンサーリンク