飼い主が見落としがちな猫の『好きだよサイン』5つ

飼い主が見落としがちな猫の『好きだよサイン』5つ

猫は仕草や行動で、飼い主さんに「好きだよサイン」を送っています。どんなものか、ご存知ですか?せっかく猫が一生懸命送ってくれているサイン、しっかりと受け取ってあげてくださいね!

3874view

1. 側にいる

飼い主さんの側にいる猫

気がつくと、さりげなく猫が側にいませんか?警戒心の強い彼らですから、安心できない場所にいることはありません。飼い主さんの側にいるということは、そこが一番ホッとできるところだからです。信頼して大好きでないと、このような行動を取ることはないでしょう。

ですから猫がなんだか側にいるなぁ、と感じる場合、それは「好きだよサイン」を発していると思って間違いありません。飼い主さんからすると、さりげなさすぎるかもしれませんが、しっかりと受け取ってあげてください。

2. 飼い主を見ながらの爪とぎ

爪とぎ中の猫

なぜか飼い主さんの方を向きながら、バリバリと爪をとぐ…。ちょっと謎な行動ですが、これも好きだよサインの一つです。飼い主さんと遊べるのが楽しい!帰ってきてくれて嬉しい!など、高ぶった気持ちを落ち着かせるのにバリバリしているのです。

爪とぎはお手入れの意味もありますが、こんな心理的な一面も隠れています。もし愛猫がバリバリしていたら、単なるケアなのかそれとも好きだよサインなのか、見極めてみてください。

3. しっぽをピンと立てる

尻尾をたてる猫

しっぽを使って好きだよサインを出すこともあります。ピンと立てて近づいてくる時は、間違いありません。大好きな人、信頼している人を目にすると猫のしっぽが突如として、立ち上がるのを目にすることができます。

一度良く、動きを観察してみてください。飼い主さんが視界に入ると、どんな変化が起きるでしょう?もし何も変化がなければ特にサインは送ってきていません。逆にピコンとなるなら、好きな気持ちを表現してくれているのが分かります。

4. 邪魔する

完全リラックスの猫

邪魔するのは一見、嫌がらせのように思いますが…。実はこれも好きだよサインです。飼い主さんの関心が自分に向いていないため、どうにかして見て貰いたいと思っているのです。

邪魔をすればいや応なしに猫の方を向かざるを得ません。作業ができなくなるなら、どかす必要も生じます。そんなこんなで飼い主さんの関心を引き、「こっち見て!」と言っているのです。

好きじゃない人に敢えてこのような行動を取ることはないでしょう。もし嫌いなら、側にも寄ってこないはずです。ですので邪魔猫が現れたら、好かれているのだと思いましょう!

5. お腹を見せる

お腹を見せる猫

モフモフのお腹を見せてくる…。ご存知の方は多いかもしれませんが、完全なる好きだよサインです。急所であるお腹を、滅多な人には見せないでしょう。大好きで心を許しているからこそ、無防備に晒してくるのです。

ただここで気をつけたいのが、見せているからといって触って欲しいわけではないこと。お腹を触られるのを嫌がる場合は多いのでご注意ください。下手をするとキツい鉄拳が飛んでくるかもしれません。

まとめ

みこちゃん

猫の好きだよサインには、一見そうとは思えないものもあります。でも猫の方から何かと絡んでくるなら、好意があるからに違いありません。無下にせず、しっかりと受け止めてあげてください!そうすればきっと幸せな時間を共有できるでしょう。

スポンサーリンク