猫が『ゆっくりまばたき』するときの心理5つ

猫が『ゆっくりまばたき』するときの心理5つ

まん丸で大きな猫の目。じ〜っと見ていると吸い込まれそうになってしまいます。視線が合った時、ゆっくりとまばたきされたこと、ありませんか?この時、どんな心理が働いているのでしょう?探っていきましょう。

1290view

1. 大好きにゃ

目をつむる猫

大好きな飼い主さんと目が合った時、ゆっくりまばたきする猫は多いです。愛情を伝えているのです。ですから、お返しをすると良いでしょう。そこには穏やかで暖かな空気が流れます。

猫に大好きなことを伝えたい時、飼い主さん側からまばたきするのも良いですね。きっとその愛情を受け取って、幸せを感じてくれるでしょう。

2. 敵意はありにゃせん

目をつぶる猫

例えば初対面の猫に会った時、じっと目を見つめてしまうと相手を刺激して、喧嘩が勃発してしまうかもしれません。敵意がないことを伝える為には、まばたきが有効です。または目を反らすのもおすすめです。猫界では、目を合わせないのが礼儀となっています。

人間界は逆ですが、そのルールを彼らに強要するのは不可能です。人が合わせるようにすると、スムーズに関係を築いていけるでしょう。猫を家に迎える時は、極力目を合わせないようにすると警戒されずに済みます。

3. こんにちは

挨拶する猫たち

まばたきは、挨拶でもあります。「こんにちは〜」と言っているのです。飼い主さんに呼ばれた時に、ゆっくり目を閉じることもありますね。

野良猫に遭遇した時、まばたきしてみるのも良いでしょう。挨拶をすれば安心して、近づいてきてくれるかもしれません。飼い主さんがいない猫だと確認できたらそのままお持ち帰り…。なんてことが可能になるかも!

まばたきが猫界の礼儀だと分かっていると、それだけで一目置かれる可能性があります。仲良くなりたければ、まず挨拶!積極的に行っていきましょう!!

4. 眠いです…

顎乗せして寝る猫

眠い時の猫は分かりやすいです。目がしょぼしょぼになり、今にも閉じてしまいそう…じっくり観察していると、徐々に細くなっていくのが分かります。

「あ、寝落ちた…」と思えばまた目を開け、ボ〜ッとしたりします。大抵の猫は寝る前に、結構悪い顔になります。なんだかにゃん相が悪いと思ったらきっと眠い時なので、そっとしておいてあげましょう。

5. 気持ち良いにゃ

気持ち良さそうな猫

飼い主さんに撫でられた時、ブラッシングされている時など、猫が気持ち良いと感じているとゆっくりまばたきします。幸せそうな表情は、見ているこちらまでハッピーにしてくれます。

目は口ほどに物を言う、といいますが猫の場合も正にその通り。様々な気持ちを表しているので、良く観察してみてください。表情筋に乏しいのであまり表情は変わりませんが、目はその時々でくるくると目まぐるしく変化しています。猫の気持ちを知りたいのなら、ぜひチェックしてみましょう。

まとめ

めろ

猫とのコミュニケーションに、まばたきは便利です。友好的なことを伝えられますし、愛情表現もできます。ぜひ活用して行きましょう。きっと猫にも、「アイツ、分かってるにゃん」と思われることでしょう。こんな素敵なアイテム、使わない手はありません!!

スポンサーリンク