なぜ猫は『箱』に入りたがるのか?5つの理由

なぜ猫は『箱』に入りたがるのか?5つの理由

無類の箱好きである、猫。どうしてそんなに箱が好きなのでしょうか?箱が猫の一部と言っても過言ではないほど、箱と一体化した猫を良く見かけます。猫が箱好きな理由、探ってみました。

583view

1. 安らぎの場所だから

箱に入りくつろぐ猫

猫にとって箱に入るのは「安らぎ」の時間です。なぜなら、外敵に襲われる心配がなく安心いられる場所だからです。

野生の猫は、木のうろや小さなほら穴の中などに身を隠して体を休めます。そんな野生の習性が残っている猫は自ら狭い箱の中に入り、安らぎの時間を過ごします。

2. 暖を取っている

箱に入る猫

段ボールの箱は、断熱性最高です。猫がちょっと肌寒い時に段ボール箱に入ると、適度に保温され体の体温を保つ事ができます。

猫が寒そうにしていたら段ボールの中に毛布を敷いたり、段ボール箱を毛布で覆ったりしてあげると良いでしょう。

そして猫は、30度くらいの気温が適温だと言います。人が適温と感じる気温よりも少し高いので、人よりも寒さを感じている可能性があります。そんな時も温かい段ボール箱があれば、猫はガサゴソと入り込みリラックスできるのです。

3. 身を守っている

箱に入る猫

箱の中に入っていれば、突然背後から敵に襲われる心配はありません。箱の入り口に顔を向けていれば、前から敵がこないかを見張れますので、猫はゆっくりする事ができます。箱は、猫の体を守るツールとして最適です!

4. ストレスを回避している

箱に入る猫

部屋の中に箱があるのとないのでは、猫のストレスの感じ方が違う、という実験結果も出ています。家の中には必ず、猫の体がすっぽりと入る箱を用意してあげると良いでしょう。

箱の外に猫がストレスを感じるものがある場合、そのストレスを回避する為、箱に入るという説があります。受けたくないストレスは上手に回避し、負担にならないようにしているのでしょう。

5. 獲物がいると思うから

箱からのぞく猫

箱の中などの薄暗い場所を見ると、ついつい獲物が隠れているんじゃないかと、本能から探しに行ってしまいます。

多少ビビりながらも目をランラン光らせて、「何かいる?」と箱の中を探ります。家の中の箱に獲物が隠れている確率はかなり低いですが、それでも期待に満ちた顔で神経を尖らせているのです。猫が箱好きなのには、こんな理由もあるのです。

まとめ

すず

新しい空き箱を見つけると、必ずと言って良いほど中に収まる猫ですが、様々な理由があって入りたがる事が分かりました。

猫と箱の仲を邪魔する事は、飼い主と言えどもできないようです。特段害がある事でもありませんので、思う存分箱入り猫になって貰いましょう!

スポンサーリンク