猫の気持ちが遠ざかる飼い主の残念な行為5つ

猫の気持ちが遠ざかる飼い主の残念な行為5つ

飼い主さんの行動により、猫の気持ちがザッと遠ざかってしまうことがあります。そうなったら、悲しいですね。お互い悲しい事態にならないよう、残念な行動をしっかりと、チェックしていってくださいね。

1758view

1. 睡眠を邪魔する

抱っこされる猫

猫は一日ほとんど寝ているイメージですが、睡眠を邪魔されると迷惑そうな顔をします。「ずっと寝てるんだから、ちょっとくらい邪魔したって良いじゃん!」と思いますが、長時間寝ている間の数時間は熟睡の時間です。

いつ熟睡しているか分かりにくいですが、気持ち良く寝ているところを邪魔されるのは人だって猫だって嫌なものです。いつもちょっかいを出していると、猫の気持ちが遠ざかってしまうでしょう。気をつけましょう。

2. 騒がしい

掃除機に驚く猫

猫は静かな環境を好みます。大きな音はあまり好まないのです。気をつけていても騒がしくしてしまうことはありますが、故意に騒がしくしていると、猫がどんどんと遠い存在になっていってしまうかもしれません。

猫に安心して暮らして貰えるよう、なるべく静かな環境を作り上げるように配慮しましょう。

3. グイグイ迫る

猫に迫る男性

猫は、自分からグイグイ行くのは平気ですが、グイグイ来られるのはあまり好みません。「なんて勝手な!」と思うかもしれませんが猫はそんな動物です。

猫のご機嫌を伺いながら、やんわりと迫って行くなら猫も受け入れてくれやすいですが、グイグイと強引に迫って行くと引かれてしまうでしょう。

「にゃんか怖い…」と思われたら、猫がざざざっと遠ざかってしまうかも…。猫に近づく時は、適度な押しで様子を見ながら行うのをオススメします。

4. 強い匂いを発する

猫を抱く女性

飼い主さんが良い匂いと思う香水やアロマ、柔軟剤の匂いなどは猫が嫌う匂いです。ぷんぷんさせているとそれだけで、猫が物理的に遠ざかってしまうでしょう。

いつもぷんぷんしていると、猫に「飼い主はくさい人にゃん」と認識され、あまり近寄ってきてくれなくなる可能性も。ご注意ください。

5. 放置

1匹で佇み外を見る猫

放っておいて欲しいと思ってそうな猫ですが、実は飼い主との触れ合いを望んでいます。なのに放置されてしまったら、猫は寂しさを抱えて飼い主を信用してくれなくなるでしょう。

そうなってしまうと大変なので、猫を放置するのは止めましょう。適度に構い適度に触れ合って、猫に寂しい思いをさせないように気をつけてください。

まとめ

此方を見る猫

猫が嫌がることをすると猫が遠ざかる…。これは当たり前ですが猫と飼い主さんとでは、嫌の基準が異なります。猫の基準に合わせて行動して行くのが大事です。猫と仲良しでいられるよう、頑張りましょう!

スポンサーリンク