猫が飼い主の服の上で寝るのはなぜ?5つの理由

猫が飼い主の服の上で寝るのはなぜ?5つの理由

今日あの服、着て行こうと思ってたのに、どこにあるかな?と服を探していたら、にゃんと猫が服を下敷きにして寝ていた…ありがちと言えばありがちですが、どうして猫はわざわざ、飼い主さんの服の上で寝るのでしょう?

1638view

1. 匂いがするから

洗濯ものの上に乗る猫

嗅ぎ慣れた飼い主さんの匂いがしていて、安心するのでしょう。大好きな飼い主さんの匂いが染み付いた服の上でホッとしながら、ゆっくりと睡眠をとることができます。

飼い主さんのことを猫が母猫代わりだと思っている場合、特にその傾向が強くなるかもしれませんね。まるで母親にベッタリとくっついて寝ているような、そんな安心感があるのでしょう。

猫は去勢・不妊手術を受けると、子猫のような性格になると言いますから、母猫代わりの飼い主さんに、甘えている状態なのだと考えられます。

2. 感触が好み

洋服の上の猫

飼い主さんの服の感触が好み、という場合も。猫は、ふかふかのものやもふもふしているものが、大好きです。飼い主さんの服にそのような感触のものがある場合、その上で寝る場合があります。

正に、もふもふonもふもふ。やはり自分のようなもふもふなものを好むのかもしれません。ひょっとしたら仲間意識?

気をつけないと猫が下敷きにしている服が着たいのに着れない!という事態になりますので、猫に取られそうな服は、放置しておかないのが得策です。

3. 温かいから

セーターにくるまった猫

猫は何かを下敷きにして寝るのが大好きです。季節にもよりますが、寒い時は冷たい床の上よりも、飼い主さんの服のような温かい場所を寝場所に選ぶでしょう。

飼い主さんの服の上で寝ると暖が取れる、という理由で下敷きにしている可能性は、多々あります。猫は自分が心地よい場所で寝れるなら、遠慮も何もあったものではありませんから。

4. ちょうど良い高さ

洗濯物の上の猫

飼い主さんの服が積み上げられていると、猫にとってちょうど良い高さになっていることも。高い場所で寝るのも猫は好きですから、「ちょうど良い高さにゃ!」と思っているのでしょう。

猫はふと目を離したスキに、サッと服の上を占領しますから、ホント気をつけてください。もし占領されたとしても、どかせば良いじゃん、と思うのですが、これが中々…誇り高きお猫様の前だと、中々どうして「どいて」とは言い出せないものなのです。

強制的にどかす手立てもありますが、かなりの精神力が必要です。

5. 大好きだから

ジーンズの中の猫

「飼い主さんが大好き!」という愛情表現であって欲しい。と思うのは、筆者のエゴでしょうか?例えば留守番中、飼い主さんがいない寂しさを、飼い主さんの服の上で寝ることで紛らわしていたとしたら、どうでしょうか?

そんな愛おしくて可愛い存在、他にいませんよね?実際、留守番グッズとして飼い主さんの匂いが染み付いたものを置いておくと良い、という話もありますしあながち嘘ではないようです。

猫が愛情表現で飼い主さんの服の上に寝ている。例え誤解だとしても、幸せな誤解なら許されるのではないかと筆者は思います。

まとめ

虎(トラ)

猫は快適な場所を探すのが得意なので、飼い主さんの服の上で寝たということは、そこが今のベストポジションなのでしょう。まぁ、飼い主冥利につきるというか何というか…。

着たい服が着れないのはちょっと困りますが、それも猫とのコミュニケーションと思って、楽しんで行きましょう!

スポンサーリンク