猫が『入れ物』にハマる理由4つ!気に入りやすい特徴とは?

猫が『入れ物』にハマる理由4つ!気に入りやすい特徴とは?

何かの入れ物に入りこむ猫。その様子は時にユーモラスであり、言葉に言い表せないほど可愛くもあります。なぜ猫は、箱などに入りたがるのでしょうか?また猫に気に入られやすい入れ物とは、一体どのようなものでしょう。

662view

1.ストレス緩和ができる

ぎゅうぎゅう

入れ物に身を沈めていると猫は、ストレスの緩和ができるようです。何もない部屋と、箱などが置いてある部屋にいる猫では、ストレスの感じ方が全く違うのだとか。新しい環境においても、入れ物がある方が慣れるのが早くなるそうです。

慣れない場所でストレスを感じているとき、箱などに入るとそれだけでリラックスできるのでしょう。そのため、猫を迎える場合は、身を隠せる入れ物が必須になりそうです。

2.獲物を捕らえるため

待ち伏せ

猫の狩りは、待ち伏せスタイルです。茂みや穴蔵などに隠れ、獲物が近くを通りかかったときに飛びかかり仕留めます。ですから、入れ物があるとそこへ入り、狩りの準備をしているのでしょう。

身を隠しながらじーっと辺りの様子をうかがい、飼い主さんが通りかかったとたん、飛びかかってくる…こんな微笑ましい光景が見られるかもしれません。

3.温度調節をしている

箱に入った猫

入れ物に入ることで、温度調整をしているとも考えられます。猫にとっての快適温度は、30度辺りのよう。そのため、真夏でなければ「少し寒い」と感じているかもしれません。

入れ物に入って丸くなれば体温が保持され、快適さを感じられるのです。暑さを感じたときは外に出て、涼むのでしょう。

4.安全地帯にしている

たくさんの子猫たち

同居猫に追いかけられたとき、飼い主さんに叱られたときなど、猫にとってピンチに陥るシーンがあります。そんなとき、入れ物の中に入れば安全だと感じられるのです。四方が囲まれている場所なら、下手に攻撃を受けることもないでしょう。

万が一襲撃されたとしても、入り口だけを警戒していればよいため、危険度が下がります。いざというときの安全地帯に、入れ物がなっているのです。

猫が気に入る入れ物の特徴とは?

可愛さアピール

猫はどのような入れ物を好むのでしょうか?大きいサイズよりも、自分にジャストフィットするようなサイズがお好みのようです。体が密着していると、安心なのでしょう。

好む素材はさまざまなものが考えられますが、段ボールは人気が高いです。何の変哲のない段ボール箱が、愛猫のお気に入りになることは少なくありません。猫用に作られた入れ物も多数販売されていますので、購入を考えてみるのもよいでしょう。

まとめ

ルナちゃん

猫にとっての入れ物は、ただ単に入り心地を楽しむだけではなく、精神の安定剤としても重要な役割を果たしているようです。猫を迎えたら必ず1つは、入れ物を用意してあげましょう。

スポンサーリンク