猫が『目』で訴えていること4つ!正しく見分ける方法とは?

猫が『目』で訴えていること4つ!正しく見分ける方法とは?

猫にとって視線は人間と異なる意味合いを含んでいます。ジィーと猫が飼い主さんを見つめているとき何か訴えているのかもしれません。今回は猫が視線で訴えてくることを解説します。

1451view

1.かまってほしい

かまってほしそうな猫

猫が飼い主さんのことを少し離れた位置からジィーと見つめているときは、かまってほしいアピールの可能性が考えられます。「今ならかまってくれるかも」と期待しているのかもしれません。

猫がジィーと飼い主さんのことを見つめていたら作業を中断し、試しに遊んであげてください。いつも以上におもちゃへの反応がいいかもしれません。

2.飼い主さんのことをもっと知りたい

見つめている猫

猫が飼い主さんのことを眺めているときの可能性として、飼い主さんのことを観察していることも考えられます。猫は飼い主さんがしている行動の意味を理解できません。そのため、飼い主さんは何をしているのだろう?と不思議そうに行動を観察しているのかもしれません。

特に猫が首を傾げて飼い主さんの方をジィーと見つめているのは念入りに観察しているサイン。視力が優れず視界も広くない猫が気になる物を詳しく確認するために、首を傾げて様々な角度から観察しているのです。

猫がジィーと見ながら首を傾げていたら、飼い主さんのことをもっと知りたいと思っているかもしれません。

3.不満を感じている

にらんでいる猫

猫が視線で訴えてくる気持ちはポジティブなものとは限りません。場合によっては不満を感じている気持ちを込めているケースがあります。特に爪切りのため拘束された、イタズラしたら怒られたなど猫にとって好ましくない事態が起きた直後は警戒も兼ねて飼い主さんに抗議の視線を送ることがあります。

不満を感じているときの猫にかまうと逆に機嫌がさらに悪くなる恐れがあります。猫の期限が悪いときは不満な視線は甘んじて受け入れつつも時間を少し置き、機嫌が良くなってきたときに仲直りを図ってみてください。

4.ご飯に期待している

視線を向ける猫たち

猫が目をキラキラと輝かせて飼い主さんを見つめているときは、ご飯やおやつに期待しているのかもしれません。猫が視線でご飯食べたいと訴えかけてくるのは、いつものご飯タイムが近づいてきたとき、飼い主さんがご飯のある台所などに行ったときです。

このとき猫の視線を確認してみてください。目をまん丸させて見るからに期待しています、という雰囲気であれば、ご飯への期待に心躍っている状態です。ただし、ご飯を楽しみにしているからといって与え過ぎはNG。決められた給餌量と体重管理を意識してあげましょう。

まとめ

見つめてくる猫

猫の視線には様々な意味や気持ちが込められています。ただし、意図的に猫と視線を合わせるのは避けましょう。猫の世界では視線を合わせることはケンカの合図。意識して視線を合わせようとすると、ケンカを売られていると猫が勘違いし怯えさせてしまいます。

視線だけでも複雑なのが猫という生き物。この機会に飼い猫がどういった意味合いの視線を送っているか観察してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク