猫の『鼻チュー』に込められた意味3つ♡

猫の『鼻チュー』に込められた意味3つ♡

猫は他の猫や飼い主さんに対して鼻を近づけてキスすることがありますよね。猫同士の『鼻チュー』には挨拶や情報収集の意味があるそうです。では猫から飼い主さんへの『鼻チュー』には、どのような意味が込められているのでしょうか?『鼻チュー』の3つの意味を解説します。

2248view

猫同士の『鼻チュー』は挨拶&情報収集

鼻チューする2匹の猫

猫と猫が会った時に、鼻と鼻を近づけてチュッとくっつけている姿を見たことはありませんか?猫の『鼻チュー』はまるで仲の良い恋人同士のスキンシップのように見えますが、実は挨拶もしくはお互いの情報を得るための行動です。鼻を近づけてニオイを嗅ぐことで、相手が自分にとって敵なのか安全な存在なのかを確認しているのですね。

では猫から飼い主さんへの『鼻チュー』には、一体どのような意味が込められているのでしょうか。猫同士が挨拶やニオイにより情報収集をするために『鼻チュー』をするということから考えられる、愛猫から飼い主さんへの『鼻チュー』の意味を解説します。

猫から飼い主さんへの『鼻チュー』の意味♡

女の子に鼻チューする猫

1.愛情表現

警戒している相手には、鼻がくっつくほど近づきたくはないものです。猫同士が挨拶のために『鼻チュー』をする場合は、相手のことを仲間や友達だと認識して好意を持っている証拠です。飼い主さんに対して『鼻チュー』をするのも同じで、安心して一緒にいられる相手として心を許しているからこその行動だといえるでしょう。

つまり愛猫からの『鼻チュー』は、「信頼しているよ」「大好きだよ」という愛情表現の一種なのです。猫が愛情表現をする時は飼い主さんに甘えたい気持ちが表れているので、ぜひ撫でるなどのスキンシップをとってより一層絆を深めてくださいね。

2.情報収集とマーキング

猫同士がお互いの情報収集のために鼻を近づけてニオイを嗅ぐのと同様に、猫から飼い主さんへの『鼻チュー』もニオイから情報をチェックすることが目的の場合もあります。

「今日はどこに行っていたのかな?」「いつもと違うところはないかな?」と、飼い主さんのニオイを嗅いで確かめているのですね。ニオイから他の猫と触れ合ったことがバレると、愛猫がご機嫌ナナメになってしまうことも…。

飼い主さんに外のニオイや他の動物のニオイがついていると、愛猫は顔や体を擦りつけて自分のニオイをつけようとします。この行動には「この人は自分のモノ!」と主張したい気持ちや、飼い主さんから自分のニオイがするようにして安心したいという気持ちが込められているのです。

3.何かをアピールしている

猫は「おやつがほしい」「一緒に遊びたい」などのアピールをする方法のひとつとして、飼い主さんに『鼻チュー』をすることもあります。愛猫が何を求めているのかを察知して、できる限り応えてあげましょう。

ただし『鼻チュー』で可愛くおねだりされても、愛猫の求めるままにおやつを与えると食べ過ぎで肥満になってしまう可能性がありますし、甘やかした結果わがままに育ってしまっても困ります。『鼻チュー』によるアピールも、ダメなものはダメと拒否することが大切だということを忘れないでくださいね。

まとめ

鼻チューする猫

猫の『鼻チュー』は、相手が同じ猫であっても飼い主さんであってもコミュニケーション手段のひとつになっています。信頼している相手への挨拶や愛情表現の意味があるとわかると、愛猫からの『鼻チュー』がますます嬉しく感じますよね♪

飼い主さんからも可愛い愛猫に『鼻チュー』をしたくなる時があるかもしれませんが、相手から積極的にスキンシップをされるのは苦手だという猫もいるので注意してください。突然顔を近づけると、怖がった愛猫に引っ掻かれたり猫パンチが飛んできたりする危険性があります。

飼い主さんからのキスを喜んで受け入れてくれるかどうかは、愛猫の性格をよく考えて判断してくださいね!

スポンサーリンク