『キャットステップ』を付ける時に気を付けるべきポイント4つ

『キャットステップ』を付ける時に気を付けるべきポイント4つ

猫の運動不足解消やストレス発散には上下運動が欠かせません。壁に取り付けるキャットステップなら省スペースで猫に運動させてあげることができます。ただし、キャットステップを付ける際には気をつけたいポイントがあります。

430view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.猫が気に入りそうな場所に設置する

キャットステップから身を乗り出す猫

せっかくキャットステップを設置しても、猫が上ってくれなければ意味がありませんね。ただ単に部屋の中で空いている壁だからとキャットステップを取り付けても、普段猫が通らない場所では使ってくれない可能性があります。

日頃から猫がよく歩いたり、くつろいだりしている場所から近い壁面がおすすめです。外が見える位置なども猫が気に入りやすいポイント。

2.手が届く位置に取り付ける

キャットステップでくつろぐ猫

猫が気に入るような場所であっても、高すぎたり、人の手が届きにくかったりする所は避けた方がいいでしょう。

猫が上るステップの上は意外と汚れます。猫が毛玉を吐くこともあるかもしれません。お手入れがしやすい高さにしておくと、汚れてもすぐに掃除ができます。

災害時や通院時など、人の手が届かない所に逃げ込まれてしまうと困る場合もあります。

また、使っているうちに不具合が出てくることもありますが、そのような場合も補修や交換のしやすい高さがいいでしょう。

3.強度を確認する

キャットステップの上の猫

キャットステップを設置するにあたり気を付けたいのが強度です。

一般的な成猫は体重が3~6キロあります。また、ジャンプする時には体重以上の負荷がかかります。

それに耐え得るだけの強度がなければいけません。特にDIYでキャットステップを取り付ける場合は注意しましょう。

取り付ける壁の石膏ボードの裏側が空洞になっている場合は落下の危険性があります。壁の下地は叩いた時の音で確認することができますが、なかなかわかりにくいもの。市販されている下地センサーを利用して確認するのが安心です。

4.キャットステップの下には物を置かない

窓辺のキャットステップの上の猫

キャットステップから飛び降りた際に邪魔にならないよう、下には物を置かないようにしましょう。猫が着地に失敗してケガをする恐れがあります。

キャットステップに上る際も、物があるとうまくジャンプできないかもしれません。また、エアコンやカーテンレール、ペンダントライトなど、乗ってほしくないもののそばに設置しないよう気を付けましょう。

まとめ

キャットステップの上でグルーミング中の猫

猫のために、自宅の壁にキャットステップを設置するご家庭が増えています。

キャットステップは壁に取り付けるものなので、キャットタワーのようにスペースを必要としません。飾り棚のようにも使えたり、インテリアとしてもおしゃれなものもあります。部屋のイメージに合わせてDIYするという方も多いことでしょう。

猫にも飼い主にも嬉しいキャットステップですが、安易に付けてしまうと事故につながることもあります。キャットステップを設置する際は、設置場所をよく考えて、しっかりと固定し、定期的に緩みやズレがないかチェックをするようにしましょう。

スポンサーリンク