猫がしれっと『足を踏む』3つのワケ

猫がしれっと『足を踏む』3つのワケ

猫と暮らしていると突然、猫に足を踏まれることがあります。人間が猫に踏まれても痛くはありませんが、微妙な心境になられる飼い主さんもいます。今回は猫が足を踏んでくる理由について解説します。

1103view

1.愛情表現

猫とハート

猫が飼い主さんの足を踏む理由のひとつとして考えられるのは、愛情表現です。人間は言葉を用いて愛情を伝えますが、猫は飼い主さんに対して行動で気持ちを表現します。有名な猫の愛情表現としてこつんと頭突きしいてくることや顔をすりすり擦りつけることが挙げられますが足を踏む行為も猫が飼い主さんに愛情を伝えようとしている可能性は大いに考えられます。

猫は危険と判断した相手に近寄ることはおろか足を踏むことは決してありません。そんな
警戒心が強い猫が足を踏んでくるということは、飼い主さんのことを信頼しているサインです。猫に踏まれても寛大な心で愛情表現を受け入れてあげてください。

2.かまってアピール

猫と飼い主

猫が飼い主さんの足を踏んで何かをアピールしている場合、かまってほしいと訴えているのかもしれません。猫のかまってほしいアピールは様々。鳴き声をあげたり、そばに近寄って来たりすることもあります。同じように足を踏むことで飼い主さんが反応してくれると期待している可能性はあります。

注意点として、猫に足を踏まれる度に毎回相手をしてしまうと、猫が踏むことで飼い主さんは反応してくれると覚えてしまいます。場合によっては行動が悪化して、勢いよく踏んでくるようになるかもしれません。正直、微笑ましいアピール方法ですが好ましいことではないため、習慣化させたくないときは反応しないようにしましょう。

3. 通り道だから

歩く猫

猫が飼い主さんの足を踏む理由は微笑ましい理由ばかりではありません。ただ単に猫の通り道に飼い主さんの足があり、ジャマだったから踏む可能性もあります。猫は本能的に無駄なエネルギー消費を嫌います。

通り道だったらジャンプで避ければいいような気もしますが、猫によってはそれすらも億劫に感じることがあるようです。決して悪意があって踏んでいるわけではないので優しく受け入れてあげてください。

まとめ

猫の手

人間と猫では足を踏むという行動に対する認識は異なります。人間同士だと足を踏む行動は失礼で攻撃的な行為ですが、猫にとっては親しみを込めた愛情表現だったり必要な行動だったりします。

自分は猫が足を踏んでもいいと思ってくれている相手だとポジティブに解釈し、猫の可愛いお手に踏まれる感触を楽しんでみてください。意外とやみつきになるかもしれません。

スポンサーリンク