猫にとって『安全な飲み物』4選

猫にとって『安全な飲み物』4選

もともと飲水量が少ない猫は、体の水分が不足すると腎臓に負担がかかり、病気を引き起こしやすくなります。そのようなリスクを減らすためにも、日々の水分補給はとても大切です。愛猫の健康を維持するためには、どんな飲み物を与えてあげたら良いのでしょうか?猫が安全に飲める飲み物の種類を4つ紹介します。

2663view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.軟水とペット用の水

水を飲む猫

猫の水分補給には「水」が必要不可欠な飲み物ですよね。水には硬度によって種類がありますが、猫の体に最も安全なのは硬度の低い「軟水」です。一方でミネラルを多く含む「硬水」は、過剰に摂取してしまうと猫の腎臓に負担がかかりやすいので安全とは言い切れません。

一般的な家庭で出る水道水も軟水に分類されていて、毎日飲ませる飲み水には最も適しています。水道水に含まれる塩素が気になる方も多いですが、日本の水道水の安全基準は高く、継続的に飲み続けても問題がないと言われています。

家庭の水道水が問題ないとはいえ、猫の飲水量が足りていない時は効率よく水分補給をさせてあげたい時もあるでしょう。市販で販売されている「ペット用の水」は、低硬度の超軟水であることや猫が飲みやすく工夫された製品があります。

例えば、またたび水やお腹の健康を考えたオリゴ糖が配合されているもの、体液に近い電解質組成で水分を素早く吸収できるものなど、猫の好みや用途に合わせて与えるとより健康的な水分補給ができます。

2.猫用のミルク

ミルクを飲む猫

ペットショップで販売されている「猫用ミルク」は、猫のために作られたもので安心して猫に飲ませることができます。パックタイプの液体ミルクが一般的で、「仔猫用」「成猫」「シニア」がそれぞれありますので、愛猫の年齢に合わせて選ぶと良いでしょう。

猫に食欲がなく体力をつけたいときは、栄養バランスの整った特殊調整粉乳の粉タイプがおすすめです。ぬるま湯で溶かして飲ませたり、フードにふりかけたりと栄養価だけでなく使い勝手も良く、猫の健康をサポートしてくれます。

反対におすすめできないのは人用の牛乳です。猫の体には牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素を十分に持ち合わせていないため、お腹を壊してしまうのです。個体差もありますが、まれに牛乳を飲んだことによって食物アレルギーを起こす猫もいます。

3.野菜や肉などの茹で汁

猫と野菜

野菜や肉などのゆで汁も栄養の詰まった猫の安全な飲み物です。水分補給を目的として与える場合、野菜や肉は細かく切り、味付けなしの茹で汁を作りましょう。総合栄養食などの主食で猫の体に必要な栄養分を摂取していれば、バランスを崩さない程度に与える必要があります。

旨味や栄養分が凝縮されたササミなどのフリーズドライも、お湯でふやかせばスープのように猫に与えることができます。食いつきが良いので、普段は水をあまり飲まない猫にもおすすめです。

ただ、野菜にはミネラルが含まれているものも多いためゆで汁を与えるだけであっても結石症の原因になったりする場合があります。
ですのでその点も気を付けながら、わからなければ獣医師に相談してみましょう。

4.麦茶

麦茶

「麦茶」は、お茶類の中で猫が安全に飲める飲み物です。理由としては、猫の体に影響を及ぼすほどのミネラル成分が含まれていないことやノンカフェインである、ということが挙げられます。

他にも、麦茶の原料となる麦は、猫が好きな「イネ科の植物」であることも大きな理由のひとつかもしれません。同じイネ科の植物には嗜好品の猫草もありますので、麦茶から漂う香ばしい匂いにつられて飲んでしまう猫も多いでしょう。

まとめ

水を飲む猫

猫にとって安全な飲み物は「水」以外にもあり、猫の体質や好みに合った方法で体に不足しがちな水分を摂取することができます。

安全な飲みものをいくつか飲ませて猫の好みを知ったり、猫が好きな野菜や肉を少量入れたスープを飲ませるなど、猫に合わせた工夫をしてあげましょう。

ただ覚えてほしいのは、飲ませる必要がなければ無理にお水以外を飲ませる必要はないということです。

いずれにせよ、猫の健康を守るには日々の水分補給がとても大切です。不足しがちな水分を補えると、腎臓にかかる負担を減らし、便秘予防にも効果があります。

猫に安全な飲み物を上手く活用して、愛猫の健康維持に役立てていきたいですね。

スポンサーリンク