猫を『欲求不満』にさせない環境作りとは…4つの注意すべきポイント

猫を『欲求不満』にさせない環境作りとは…4つの注意すべきポイント

現代の猫は室内で飼われていることが多いです。限られた空間の中で生活しているので、環境が整っていないと欲求不満になってしまうことがあります。猫に満足してもらうために、何に注意したらいいでしょうか?

705view

1.高い場所に登れるようにする

キャットタワーの上の猫

室内飼いの猫にとって大切なのは部屋の広さよりも上下運動ができるかどうかです。もちろん、広いスペースがあるのが理想ですが、それが無理でも高い所に登ったり降りたりするだけで十分な運動をさせてあげることができます。

高い場所は猫が安心できるので、上でリラックスできるスペースもあるといいでしょう。猫に必要な高い場所はキャットタワーを設置することで実現可能です。キャットタワーを置けない場合は、家具の配置を工夫するなどして、高い場所に登れるようにしてあげましょう。

2.暗く狭い場所も必要

キャットハウスの中の猫

身を隠せる薄暗く狭い場所も猫には必要です。何かに驚いた時や怖いことがあった時などに、そこに身をひそめることで安心できるからです。ひとりでいたい時も、中に入っていれば誰にも邪魔されずにリラックスすることができます。

そのような空間を作るのに手っ取り早いのは、キャットハウスやドーム型のベッドです。あるいは、家具の隙間を利用したり、空き箱を利用してもいいですね。猫が気に入るかどうか、色々試してみてはいかがでしょうか。

3.トイレの環境も重要

トイレを覗き込む猫

トイレの環境を整えることも大切です。猫はトイレが気に入らないと、使ってくれません。トイレを我慢してしまったり、粗相をしてしまうこともあります。トイレは、猫が落ち着いて排泄できる場所に設置しましょう。

トイレの大きさや猫砂の種類も重要です。トイレは猫が中で向きを変えやすい大きさのものが良いとされています。目安としては体長の1.5倍以上です。猫砂もたっぷり入るものを選びましょう。猫砂にも種類がありますが、猫によって好みはそれぞれです。猫が使いやすいものを選んであげて下さいね。

また、猫はトイレが汚れているのも嫌がります。排泄物はこまめに取り除き、定期的にトイレ本体も洗っていつでも清潔に使えるようにしましょう。

4.季節に合った配慮を

ニット帽をかぶり、ニットにくるまる猫

室内の環境が猫仕様になっていても、暑すぎたり寒すぎたりしては快適とはいえません。夏の暑さ対策、冬の寒さ対策も忘れずに。

室温を適温に保つとともに、暑さ対策グッズや、猫用の暖房アイテムなども販売されているので利用するのもいいでしょう。特に子猫や高齢猫は体温調節がうまくできないため注意が必要です。

まとめ

ソファで寝ている猫

猫と暮らすためには、猫の習性に合った環境が大切です。

室内で過ごす猫でも猫の本能を保って生きています。猫の習性を無視して生活させようとすると、猫は欲求不満になってしまうでしょう。

猫が猫らしく生きることができる環境を整えてあげて下さいね。

スポンサーリンク